オフショアマガジン
2016.5.15号

北山丸・千葉県洲崎港
洲崎沖名物の特大カサゴが好調に開幕!

03_main.jpg
魚類図鑑によると最大30cm程と記載されているカサゴ。しかし、それを大幅に上回る35cm級の規格外の特大カサゴが頻繁に釣れるエリアがある。最近有名になりつつある千葉県・洲崎沖である。是非1度行きたいと思っていた。しかし中々チャンスがなかったのだが、“開幕”直後の5月2日に念願叶い、洲崎港『北山丸』に出掛けた。

幸運にも“開幕日”の釣行

集合時、辺りはまだ真っ暗
洲崎沖のカサゴ、ハタ五目は5月1日が“開幕”である。しかし、今年は初日がシケで出船出来なかったために、奇しくもこの2日が“開幕日”となった。今年のカサゴ、ハタはどうなのか? 前情報もないままに若干の不安を持ちながら、午前4時半集合の洲崎港へと車を走らせた。

出船を待ちきれないアングラーが船の前に待機
みんなで協力しあって船に乗り込みます
出船前 準備に余念がありません

初日は2隻出しの活況

午前4時前には港へ着いたが、既に船宿前の駐車場には多くの車が停まっていた。『北山丸』では8人限定で出船しているが、この日は、それを遥かに上回る14人がエントリーしたために、急遽、大船長も舵を握り2隻での出船となった。私は北山茂樹船長の操船する「北山丸」へ。すっかり日の出も早くなり、辺りが明るくなった定刻の5時ちょうどに舫が解かれた。

遠いようで実は近い洲崎釣行

『北山丸』
洲崎は房総半島のほぼ南端に位置する。車で行く場合は館山自動道の終点、富浦ICを下りるのだが、都内から車で約2時間。近くはないが、釣り場は港の目の前。カサゴ、ハタに限らず、イサキ、マダイ、ほんの少し沖に行けばカイワリ、沖メバルなども楽しめる。そう!港からすぐにポイントに行けるということは釣り人にとって大きな利点だ。陸路とポイントまでの航行をトータルで考えると、利便性の高いエリアと言っていいだろう。この日も出船後、約数分で最初のポイントに到着した。

胴付き2本バリの仕掛けは船宿にも常備
餌は冷凍イワシとサバの短冊
上バリにイワシで下バリにサバ

開始早々から3連続で良型カサゴ

船長の「水深28m!」の合図でスタート。最初の心配をよそに、いきなり魚信が訪れる。開始早々、左舷胴の間(中央)の常連、菊地正男さんに最初の1匹が。これが噂の“洲崎カサゴ”かと思わせる良型が上がった。しかし、船長はまだまだアベレージサイズとの事で満足していない。続いて、同じく左舷の芳賀紳さん、そして右舷大ドモ(船尾)の永井正義さんが、“洲崎カサゴ”を釣り上げた。いきなりの良型3連発に私は驚きを隠せなかった。

いきなりの良型スタートは菊地正男さん
続いて芳賀紳さんにも良型カサゴ
岩谷和巳さんは釣友三宅さんと良型連発

三宅光次郎さんも岩谷さんに負けじと
仕掛け図

噂の特大カサゴのお目覚め

親子で来られた永井正義さんにも良型
繰り返しになるが、魚類図鑑の情報ではカサゴのサイズは大きくて30cmである。35cmを超えるのは“規格外”と呼んでいいだろう。そんな規格外のお目覚めは午前6時55分。左舷トモに座った岩竹良さんの竿が大きく撓った。岩竹さんはこの引きがカサゴ独特のそれであることと確信している模様。水深20mちょっとからの時間を存分に楽しみ、上がって来たのは噂の“特大カサゴ”。その大きさ35cmジャスト。これだけの大きさのカサゴを見ることは中々出来ないだろうと思ったが、船長の話では、今後も連日このサイズのカサゴが出てくるそうだ。なんとも魅力的なポイントだ。

息子さんの永井正則さんも続きます
この日最大のカサゴは岩竹良さん
岩竹さんのカサゴは堂々の35cm

カサゴだけでない。もう一つの“本命”アカハタ

永井さんに良型のアカハタが
さて、“本命”はカサゴともう一つ、ハタである。メインはアカハタ。高級魚として知られ、その食味も素晴らしい。中々関東圏では見られない魚なので“特大カサゴ”と共に楽しみにしていた。この日の餌は冷凍イワシとサバの短冊。2本バリの上側にイワシ、下バリにサバがお勧めとか。カサゴはまさに根にいる。それに対してハタは根の上にいることが多い。餌の付け方はそういった理由からだろう。この日の最初のアカハタは右舷の永井さんが釣り上げた。サイズは40cm近い良型だ。その後もコンスタントにカサゴに交じりアカハタも上がった。しかし、30cmに僅かに満たない位のサイズのアカハタは常連の皆さんには満足できないようで、「また大きくなったら会いましょう」と言った感じでリリースしていた。なんとも贅沢な釣りになって来た。

見てください、この美しい発色を!
岩竹さんはカサゴだけでなくアカハタも良型
“外道”のメバルも大きいです

この日のハイライトは42cmのアカハタ

立派な42cmのアカハタを上げたのは芳賀文さん
この日のハイライトが左舷ミヨシ(最前)に座った芳賀文(アヤ)さんに訪れた。 文さんはご主人の紳さんと2人で来られたそうで、仲睦まじく良型カサゴを楽しんでいた。釣行開始直後はカサゴの誘い方に若干戸惑い、ご主人の連続ヒットを横目に苦戦。しかし、ご主人のアドバイスもあり、後半戦では猛追して、良型カサゴを連発していた。そして午前9時40分、突然、竿先が海面に突き刺さった。いくら何でもカサゴの引きではないだろう、という期待の中で上がって来たのは、42cmの良型アカハタ。その大きさにご夫婦で破顔一笑。

勿論、良型のカサゴも上げています
圧巻は良型オニカサゴ。イズカサゴでない“本種”
赤いメデタイ魚がタルいっぱいに

梅雨時期が最盛期!

三宅さんも立派なアカハタをお土産に
カサゴは最大35cm、アカハタは42cm。数はトップで24匹のカサゴを上げて釣行終了。非常に素晴らしいシーズンスタートのように思えたが、まだまだ開幕直後。これから梅雨に向けてカサゴは産卵期を迎え、最盛期を迎えるとの事。こんな大きなサイズのカサゴが数も楽しめるなんて…是非また来月にでも再訪したい。そんな気持ちを抱きながら、GWの渋滞に巻き込まれる前に都内へと戻った。

北山茂樹船長…釣り方を丁寧に教えてくれるので初心者も安心
併設の喜多山旅館は素泊まり3,500円
喜多山旅館の目の前はもう港

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣り船
千葉県洲崎港『北山丸』
〒294-0316
千葉県館山市洲崎1378
TEL:0470-29-0805
詳細情報(釣りビジョン)
北山丸ホームページ
出船データ
カサゴ・ハタ乗合
料金:午前船1万500円 / 午後船 9,500円(税込)(餌、氷付き)
※餌持参の場合は1,000円引き
出船:午前船:4時30分集合、5時00分出船、11時30分沖上がり
   午後船:12時30分集合、13時00分出船、17時30分沖上がり
定休日:第2・第4水曜日
\
プレミアムメンバー