釣りビジョン
ON AIR
2016.9.15号

船宿いわた・東京都東大井
釣って楽しい、食べて美味しい湾奥“金アジ”をLTで!!

すっかり東京湾奥の「ブランド魚」として定着した“金アジ”。回遊性の“黒アジ”に対して同じマアジでも定着性の高いモノを“金アジ”と呼ぶ。その名の通りうっすらと金色に輝き、細長い“黒アジ”に対して“金アジ”は体高がある。何よりもその味の良さは抜群。常に脂の乗った美味しさを堪能できるのは釣り人の特権。しかも、釣り場は東京湾奥と言うのだから応えられない。

出船はまさに大都会から

都心の真ん中に船宿が
東京・東大井の『船宿いわた』は、品川からも近く、第一京浜・大井消防署交差点を曲がってすぐ。電車でも京浜急行・鮫洲駅から徒歩圏内とまさに大都会の真ん中にある。この日の出船時間は午前7時30分、車で向かったが若干の通勤渋滞は、都会の釣りならでは。こんな利便性に富んだ場所から“ブランド魚”が狙えるのだから文句は言えない。

スカイツリーのオブジェが目を引く受付
釣りと天ぷらが楽しめる天ぷら船や屋形船もあります
待合室には過去の“戦績”がズラリ

LT(ライトタックル)でやり取りを楽しもう

40号のビシカゴ。クッションは太めの輪ゴムでも代用可
この日の道具はライトタックル(LT)。呼び名の通り通常よりも軽いオモリを使用する。オモリが軽いということはそれに合わせるロッドとリールも当然軽いわけで、魚のやり取りをダイレクトに楽しむことが出来る。アジに限らず、最近では“LT釣法”は様々な釣り物で大人気だ。『船宿いわた』では、40号のビシカゴに、道糸にはPEライン1~2号。

本日使用した仕掛けはハリス2号。ムツ金バリ10号
付け餌にイカタンと青イソメ
仕掛け図

        

ポイントまでの景色は、まるで遊覧船!?

LTアジの立て看板が目印
東京スカイツリーのオブジェが目立つ受付で会計を済ませ、待合所を出て10m程の運河に船が停まっていた。既に13人の釣り人が準備をしていた。定刻の7時30分丁度、古高亘船長が舵を握って出船。この日の釣り場は木更津沖。45分程の航程だったが、品川のビル街、羽田空港の飛行機の離着陸、そしてアクアラインと目まぐるしく変わる景色を楽しめ、まるで遊覧船だ。

アクアラインが間近な木更津沖
コマセにイワシのミンチを
「第1岩田丸」

この日のアジのご機嫌は?

台風後で濁りが…
アジ釣りは一般的に敷居が低い印象がある。初めて船釣りをする人に最初に勧めるのはアジが多い。中々釣れない獲物に疲れた時、数に癒されたくて選ぶ釣り物もアジが多い。群れている魚なのでそうなるのだが、実はアジは機嫌を損ねると全く釣れない時もある。一日の中でも潮の流れが悪い時間になると、それまでの好調が嘘のように、パタッとアタリが止まるなんて事もしばしばだ。出掛けた日は、2つの台風が立て続けに通過、天気予報では次が2、3日中にやって来るという狭間の日。決して海況がいいとは言えない中で、この日のアジのご機嫌はいかがなだろうか。ポイントに着くと案の定、潮はかなり濁りが入っていた。ドキドキの中で最初の第1投。

いきなりの一荷(2匹)に満面の笑み
こちらも一荷で
この日最初の1尾を慎重に

[動画]東京湾奥を満喫!LTアジ釣り

朝一から絶好調!

良型の“金アジ”も
心配は杞憂に終わった。この日のアジは朝一から超ご機嫌!ミヨシ(船首)から全体を眺めていると、あちらこちらで同時に竿先が揺れている。サイズこそ20cm弱の“アジ・フライ級”が中心だが、上手に追い食いを待てる人は2点掛け、3点掛けを連発。またたく間に桶が金色を帯びたアジで埋まっていく。ポツリポツリと25㎝を超えるような良型も交じってくるので油断は禁物。皆さん何とも楽しそうだ。

うれしい一荷のはずが…ヒイラギが
美味しそうなアジです
大事な1尾です

青イソメが吉!

貸し竿でコンスタントに釣っていました
ここで一つ気付いたことがあった。この日配られた餌はコマセにイワシのミンチ、付け餌は赤く染色したイカタンと青イソメ。イカタンで釣っている人、青イソメで釣っている人、そして2本バリをイカタンと青イソメを混ぜている人など様々。しかし、全体を見ていると青イソメの方が食いがいいように感じた。
ここで私も竿を出した。欲張って3本バリにし、下2本に青イソメ、上1本にイカタンを付けた。すると、予想通り釣れてくるのはほとんどが青イソメのハリ。色々試したくてイカタンの位置を変えてみたが結果は同じ。この日のアジは青イソメがお気に入りのようだ。『船宿いわた』では、常にイカタンと青イソメが配られるので、両方試してその日の適性を見るといいだろう。青イソメを付ける場合はチョン掛けでもいいが、タラシは長くとも2cm程度。あまり長いと食いが悪くなるようだ。

素敵な“ゲスト”のホウボウも
クーラーが淡い金色に
古高亘船長たくさん釣らせてくれてありがとう!

トップは束(100匹)超え!

この日は終始絶好調!アジは海底から2m位の幅で待ち構えていた。釣果を左右したのは、追い食いで効率的に魚をかけられるかどうかということ、つまり手返しの速さだった。終わってみればトップは123匹。一番少ない人でも44匹。帰ってから捌くのが心配になるような釣果だった。
刺し身は勿論、フライ、唐揚げ、ナメロウ、干物と料理法も多彩なアジ。魚影の濃さには船長も太鼓判を押しており、秋の訪れと共に更に釣果も伸びそうだ。この秋は、東京湾の“金アジ”釣りに出掛けてみては如何だろう。

(釣りビジョンAPC・丸岡直樹)

今回利用した釣り船
東京都東大井『船宿いわた』
〒140-0011東京都品川区東大井1-25-3 TEL:03-3471-1322
詳細情報(釣りビジョン)
船宿いわたホームページ
出船データ
LTアジ乗合船
  料金: 9.500円 (税込)(餌、氷付き)女性、子供(小中学生)割引あり。貸し道具は500円
出船: AM7時00分集合 AM7時30分出船 PM3時00分沖上がり
駐車場:要予約。仕立ての場合は1隻当たり2台まで
定休日:毎週火曜日
ページトップ