オフショアマガジン

2019年12月1日号

静岡県・南伊豆沖のマハタ釣り、イワシの泳がせで好調!!

02_main.jpg

モロコやマハタなどの根魚釣りを得意とする静岡県・南伊豆手石港『敬昇丸』。今年もイワシの泳がせ釣りのマハタが始まった。7、8kg級の大型も上がっていると聞き、南伊豆手石港に出掛けた。

ルアーマンも虜にするイワシ泳がせ釣りのマハタ

この時期の集合時間は午前5時30分。集合場所は青野川河口にある南伊豆手石港『敬昇丸』前だ。駐車場は船の真ん前に10台程あり、釣り道具の積みおろしは楽ちん。「普段はルアーを楽しんでいて餌釣りはしないが、泳がせのマハタだけは面白いのでこの時期を楽しみにしている」という5人組と同乗。5時30分、肥田能研(ひだ・たかあき)船長が軽トラで到着。氷を配布し、船を接岸させ、荷物を手渡しして乗り込んだ。出船は6時。この日、関東地方では北東の風が強く、釣り船は休船が目立っていた。私も寒い雨風のシケを覚悟していた。

南伊豆手石港「敬昇丸」、波に強い船だ
船に乗り込んだら早速準備を開始
出船すると思いの外いい天気で驚いた

関東地方はシケも南伊豆は、釣り日和だった

しかし、「南伊豆は大丈夫!」との船長の言葉通り、石廊崎の西に回り込むと風裏となり、なんと無風状態。この日の釣り場の中木沖は、晴れのナギ、絶好の釣り日和だった。仕掛けはハリス10号のライト感覚な泳がせ仕掛け(仕掛け図参照)。餌はイワシだが、入荷状況によっては小アジを使う。この日はイワシと小アジの交じりだった。ハリは親バリのみで良く、餌の上顎の硬いところを口の中から上へと刺し通す。マハタはヒラメと違い、食いついたら一気に持って行くことが多いと言う。孫バリはあってもいいが、なくても問題はない。船の生け簀から活き餌を掬い、ハリに刺して、海水バケツに入れておく。これで投入準備完了だ。

仕掛け図
活き餌のイワシと小アジ
ハリは“親バリのみ”でOK

出た!2kgオーバーのマハタ!

「アジ餌はタナを取ってからあまり暴れずアピールが弱いので、時々ゆっくり竿を立てて誘ってください。では、やってみましょう。水深60m前後」というアナウンスでスタート。オモリが着底したら底から5~15m巻き上げてアタリを待つ。狙いダナに大きな幅があるのは、「マハタは底にいる魚ではなく、水中でホバリングして餌を待っているからです」と、船長が教えてくれた。「ただ、ホウキハタやイヤゴハタ、アオハタは底に潜んでいるので狙いダナは2、3m。ターゲットによって狙い分けます」とのこと。船中1匹目のマハタは、左舷胴の間(中央)の三島市・秋山さんがゲットした。竿を大きく曲げて暴れながら上がって来た2kgオーバーの良型だった。続けて右舷ミヨシ(船首)の静岡県・函南町の室崎さんにもマハタが上がった。

右舷胴の間でデカイのが掛かった模様!
船中1匹目の2kgオーバーのマハタ!
左舷ミヨシでも竿が曲がった!
船中2匹目のマハタ
イナダも来た!
1.5kg前後のアオハタ

カンパチだ!アオハタだ!ジギングの時合到来

その後、アタリが遠くなった。すると、船中ただ1人普段通りジギングで挑戦していた三島市の長谷川さんが忙しくなった(ジギングは事前に要問い合わせ)。不思議なもので餌釣りの時合とルアーの時合とは分かれているようだ。60g程度のメタルジグを投げて広く探って来る。まず掛けたのはカンパチ。細身の竿でのスリリングなやり取りが実に楽しそう。そして、着底と同時に食って来たという1㎏前後のアオハタ。これも重そうに竿を曲げていた。

ジギングで釣れたカンパチ!
ジギング好調!また来た!
今度は1㎏前後のアオハタだ!

再び泳がせが活気づき良型が次々上がった!

ここで私も挑戦。生け簀から1匹掬い取るとイワシだった。ハリを刺し投入。水深は90m前後。まず底付近でホウキハタを狙い、5m、10m、15mと高いタナでマハタを探った。再び底ダチを取り直し5mまでタナを上げようと巻き始めたら、それが誘いになったのかゴツゴツッというアタリ。巻き上げを止め、そのまま待つとギューンッと重みが乗った引き込み。「ゆっくり竿を立てて」と船長からアドバイス。竿が更に曲がった。しっかりハリ掛かりしたようだ。何度も大きく暴れながら1kg前後のアオハタが上がった。右舷大ドモ(船尾)の三島市の高橋さんには2匹目のアオハタ。右舷胴の間の土屋さんには2kg近い大きなウッカリカサゴ。私にカンパチと、この時間帯は泳がせ釣りが再び活気を取り戻した。

私にもアオハタ、良い引きだった!
再びアオハタゲット!
型の良いウッカリカサゴ!
マハタ狙いの10mのタナでカンパチ
可愛いサイズのアヤメカサゴ
メバルがいるならデカいハタもいるはず
【動画】泳がせやジグで!ハタ五目釣り

今後は型の良いマハタや数釣りにも期待!

「上から20mくらいに大きな反応が出ているよ」と船長。すかさずジギングの長谷川さんがそのレンジを狙うと「ヒット!」。狙い通りカンパチをゲット。終盤には土屋さんが型のいいアヤメカサゴとマハタを釣り上げ、沖上がりの13時となった。「今日は風のためポイントが限られました。本来なら近場の手石沖周辺にも良いポイントがたくさんあって、広く狙えれば数も型ももっと伸びます。良い時には7、8kgのマハタも交じります」と船長。シーズンはまだ始まったばかり。条件さえ良ければ大きなマハタやホウキハタとの遭遇も夢ではない。今後も期待十分の南伊豆のイワシ泳がせのマハタ釣り、ぜひチャレンジして頂きたい。

上から20mに大きな反応
すかさずジギングでカンパチゲット!
このアヤメカサゴはいいサイズだ!
終了間際にもマハタが釣れた!
楽しく釣らせてくれた『敬昇丸』肥田能研船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

静岡県 南伊豆手石港 『敬昇丸』
〒415-0154 静岡県賀茂郡南伊豆町下流1392-1
TEL:090-7026-1991
定休日:無し
釣果・施設情報 敬昇丸 ホームページ

出船データ

イワシ泳がせマハタ予約乗合
料金=1万5,000円(餌、氷付き)
集合=5時30分 ※時期によって変動
出船=準備出来次第
沖上がり=13時
レンタル=貸し竿(2,000円)
※予約は前日20時まで。詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。