『金寅丸・神奈川県金田港』記事一覧

『金寅丸・神奈川県金田港』記事一覧

金寅丸・神奈川県金田港

2021年6月1日

02_main

東京湾口・剣崎沖、“乗っ込みマダイ”、数・型とも絶好調!!

神奈川県・三浦半島、剣崎沖の“乗っ込みマダイ”、5月中旬時点では婚姻色がハッキリ見られ、お腹も膨らんで真子(卵)や白子もしっかり入っている様子。神奈川県・三浦海岸、金田港『金寅丸』に出掛けた。

金寅丸・神奈川県金田港

2020年12月1日

03_main.jpg

神奈川県・金田港発、“ブリ泳がせ”すこぶる好調!

新型コロナウイルス対策は宿泊施設や飲食店は勿論、船宿や乗合船も様々な取り組みを行っている。それでもソーシャルディスタンスが気になる釣り人は、釣り仲間で釣り船をチャーターするのがお薦め。味覚も釣りも今が旬、神奈川県・金田港の仕立て専門船『金寅丸』の“ブリ泳がせ”をレポートしよう。

金寅丸・神奈川県金田港

2019年10月15日

03_main.jpg

神奈川県・金田湾沖の“イサキ五目”釣果も脂もノリノリ!!

食味のよさで知られているイサキ。特に神奈川県・金田湾沖で釣れるイサキは「小型でも脂乗りが抜群で美味」と評判。更にこの時期はイナダの群れも入って来ている。最近、釣果も好調と聞き、金田港『金寅丸』に出掛けた。

金寅丸・神奈川県金田港

2018年7月15日

03_main.jpg

神奈川県・金田沖のヒラメ、マゴチがライトタックルで好調!!

真夏の太陽の下で狙う「照りゴチ(マゴチ)」。海水温の上昇で活発に餌を追い、数釣りが期待できる「夏ビラメ」。夏に人気の2大フィッシュイーター、どちらを狙うか迷ってしまう。しかし、神奈川県・三浦半島の金田沖では、両方を一緒に狙う事が出来ると聞いた。「それなら迷わずに済む」とばかりに金田港『金寅丸』へと向かった。