『船宿いわた・東京都東大井』記事一覧

『船宿いわた・東京都東大井』記事一覧

船宿いわた・東京都東大井

2019年5月15日

03_main.jpg

東京湾のメバル&カサゴ。数釣り爆釣モード継続中!

メバルとカサゴ。共に東京湾の人気根魚だが、メバルは、「春告魚」とも書くように春を代表する魚。そしてカサゴは通年狙えるが旬は初夏。旬は若干ずれているものの4月から5月にかけては、一緒に楽しめる絶妙の時期。今年のメバルは好スタートを切った。カサゴはいかに?東京・東大井『船宿いわた』に出掛けた。

船宿いわた・東京都東大井

2018年11月1日

03_main.jpg

千葉県・竹岡沖、餌取り名人カワハギをどう攻略する?

気づかぬうちに忍びより餌だけ綺麗に食べていく。“忍者”の異名を持つ餌取り名人カワハギ。カワハギ釣りは、その誘い方だけでも「タタキ」、「たるませ」、「聞き合わせ」、「ゼロテンション」、「宙釣り」、「這わせ」など多様なテクニックが存在する。その日その時の状況に合わせ、いかに攻略するか、テクニカルなこの釣りはコアなファンも多い。朝夕はすっかり肌寒くなったが、20日(土)、東京都・東大井『船宿いわた』のカワハギ船に乗った。

船宿いわた・東京都東大井

2017年11月15日

04_main.jpg

東京湾・竹岡沖のカワハギ絶好調!誰もが“尺”のチャンス!

秋が深まり気温が急降下。この時期、釣具店の一角に高い人気を誇る専用コーナーが出現する。それはカワハギ!一年中楽しむことが出来る釣り物だが、やはり人気が出るのが11月から年明けにかけて。夏季に浅場にいたカワハギがサイズアップして深場に移動し始める。そして何よりも絶品の“肝パン”が大きな魅力。期待を胸に東大井『船宿いわた』に連休初日の11月3日に出掛けた。

船宿いわた・東京都東大井

2017年2月15日

04_main.jpg

東京湾の“春告魚”(メバル)、カサゴ交じりで好調!

梅の蕾が綻び始める2月になると、東京湾のメバル釣りが解禁になる。「春告魚」とも呼ばれる、まさに春の申し子だ。初冬から年末にかけて産卵したメバルは、この時期に体力回復のため活発に餌を求めて口を使い出す。解禁となったメバルをエビ餌で釣らせてくれる東京・東大井『船宿 いわた』で、カサゴ交じりで釣れていると聞き、2月4日に出掛けた。

船宿いわた・東京都東大井

2016年9月15日

04_main.jpg

釣って楽しい、食べて美味しい湾奥“金アジ”をLTで!!

すっかり東京湾奥の「ブランド魚」として定着した“金アジ”。回遊性の“黒アジ”に対して同じマアジでも定着性の高いモノを“金アジ”と呼ぶ。その名の通りうっすらと金色に輝き、細長い“黒アジ”に対して“金アジ”は体高がある。何よりもその味の良さは抜群。常に脂の乗った美味しさを堪能できるのは釣り人の特権。しかも、釣り場は東京湾奥と言うのだから応えられない。

船宿いわた・東京都東大井

2016年7月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

東京湾シロギス、超浅場の盤洲で真夏の佳境!

近年では一年中狙える東京湾の人気魚シロギス。いよいよ真夏の高水温期に入り、盤洲など水深10m未満の超浅場がメインポイントになってきた。今後は海が熱くなりすぎる8月お盆過ぎまでは、遠投してはスピーディにサビいてくるラン&ガン釣法が主流。そこで東京都東大井『船宿いわた』の岩田登行船長に真夏のキステクニックを聞いてみた。

船宿いわた・東京都東大井

2016年3月15日

03_main.jpg

東京湾に春を告げる“竹の子メバル”はこれから!

“春分の日”も目前に迫り、山里では竹の子が土をこんもりと持ち上げる季節となった。この時期に釣れるメバルを関東では“竹の子メバル”と呼ぶ。東京・東大井の『船宿 いわた』で、カサゴ交じりで釣れ出したと聞き、4日に出掛けた。