『鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋』記事一覧

『鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋』記事一覧

鴨下丸・神奈川県磯子八幡橋

2018年8月15日

03_main.jpg

東京湾のタチウオ、近年稀に見る魚影の濃さ!!

浅場に居たかと思えば深場へ落ちたりと、今期は特に神出鬼没な東京湾のタチウオ。「型のいいのが出始めた」との噂を耳に“刀狩り欲”は急上昇。シケ前のワンチャンスに期待を込めて、神奈川県・磯子八幡橋『鴨下丸』から出船した。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2018年4月1日

04_main.jpg

桜満開!東京湾・久里浜沖ではマダイが咲いた!

関東地区は桜が満開!山ではウグイスが鳴き、野にはチョウが舞う。そして、海の中はマダイの“恋の季節”。東京湾・久里浜沖では、ここに来てマダイの好釣果が続いている。横浜・八幡橋『鴨下丸』からマダイのコマセ釣りの船に乗った。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2017年6月1日

04_main.jpg

東京湾・横浜沖のブランド“金アジ”をLTで楽しもう!

軽めのオモリを使用することによるメリットは大きい。まずタックル全体も軽いので一日誘っても疲れない。そして魚とのやり取りがダイレクトに楽しめる。その代表格が通称“LTアジ(ライトタックル・アジ)”。そのLTで東京湾を代表するブランド“金アジ”を狙っているのが横浜・磯子、八幡橋の『鴨下丸』だ。

鴨下丸・神奈川県磯子八幡橋

2017年2月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

サワラ好転期待! 八幡橋のルアー青物船に注目

秋口から春先へ向けて東京湾口のルアー青物船を出している神奈川県横浜市磯子八幡橋の『鴨下丸』。厳寒期は例年、秋のワラサに代わってサワラが主役になるが、今季は暖冬で群れが固まらないためか苦戦気味。それでも2月に入ってからは徐々に数が揃いだし、多彩なゲストも活発で今後期待は十分だ。ルアー担当の萩原敏広船長から今後の展望と厳寒期のジギングの基本を聞いた。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2016年10月15日

05_main.jpg

東京湾・横浜沖のLTアジ、家族で楽しめる入れ掛かり!!

手軽に楽しめるLT(ライトタックル)アジ。東京湾・横浜沖で好調に釣れていると聞き、連休最終日の10日、横浜・八幡橋の『八幡橋 鴨下丸』に出掛けた。休日とあって家族連れも多かったが、水深20m前後の浅場で一時はアジとサバが入れ掛かり、ファミリーで大喜びだった。

鴨下丸・横浜磯子八幡橋

2016年8月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

やっぱり夏を釣らなきゃ! 東京湾の照りゴチ絶好

東京湾で近年、大人気のマゴチ。ここ数年は早くも3月中旬頃から開幕し、序盤にサイマキ(エビ)餌で大型が続出する。しかし本来、通称“照りゴチ”と言われるように、猛暑の夏が最盛期。カンカン照りで煮え切った東京湾際の浅場は、大型交じりで数釣りが可能だ。そこで「やっぱコチは夏釣らなきゃ!」と豪語する横浜市磯子八幡橋『鴨下丸』の望月亮英船長に、ビギナー必釣術をインタビュー。

八幡橋 鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2016年4月15日

04_main.jpg

東京湾・マゴチ好調宣言!発表されました!!

今年もスタートから段々と釣果が上がってきたマゴチ。サクラの開花宣言が出された次の日、連日のように60cmアップが交じっているという横浜・磯子『八幡橋 鴨下丸』から、ガツン!とくるマゴチの手応えを味わうため行って参りました!!

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2015年9月1日

02_main.jpg

東京湾のタチウオ、良型交じりで好調!

東京湾でタチウオが釣れている。横浜磯子・八幡橋『鴨下丸』では、トップが60匹を超える釣果も記録されたと聞き、台風16号が沖合を通過中の22日に出掛けた。『鴨下丸』では同じ船で餌釣りもルアー釣りも楽しめる。

八幡橋 鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2015年2月1日

03_main.jpg

東京湾のコマセ・マダイ、誰にもチャンス!!

“大寒”も過ぎ、季節は一番寒い時期になったが、東京湾のマダイが好調に釣れている。神奈川県・久里浜沖のコマセ・マダイだ。好天に恵まれた24日、神奈川県・八幡橋『鴨下丸』の乗合船に乗った。

八幡橋 鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2014年8月1日

04_main.jpg

東京湾に“照りゴチ”のシーズン到来!!

東京湾の夏の風物詩と言えばマゴチ釣り。夏を代表する超高級魚でもある。梅雨明け発表も間近い19日、横浜・磯子の八幡橋際『鴨下丸』に出掛けた。今にも降りだしそうな空模様の下、前半は不調だったが後半は大型連発、3連チャン、3人同時ヒットなどあって大盛況。57cm級の大型も上がり、今シーズンの好調振りを実感した。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2014年2月15日

02_main.jpg

真冬の東京湾で青物ジギングに挑む!

ソチオリンピックが開催され、寝不足気味の日々が続いている。テレビは見たいが釣りにも行きたい。若きアスリートの挑戦する姿を見て、私も新しい釣り、ジギングに筋肉トレーニングも兼ねて、挑戦してみようと情報を収集、厳冬の今時分に横浜・八幡橋『鴨下丸』からルアー船が出ていると聞いた。狙いは“青物”で“本命”サワラであるとの情報、10日に乗船した。

八幡橋 鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2013年8月15日

04_main.jpg

東京湾・横浜沖の“ライト・アジ”絶好調!

アジは、煮ても焼いても刺し身でもタタキでも、更に今、流行のカルパッチョでも実に美味しい馴染み深い魚である。特に東京湾のアジの味は絶品だ。そんなアジが、超近場で絶好調、午前釣り(LT=ライトタックル)で99尾との情報に、横浜磯子・八幡橋の『鴨下丸』から午前船に乗った。

八幡橋 鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2013年4月15日

03_main.jpg

東京湾・大貫沖のモンスター級マゴチ!

神奈川県・横浜磯子・八幡橋『鴨下丸』のマゴチ釣りが物凄い事になっている。3月中旬から始めたばかりだが、いい日にはトップ2桁、65cm以上のモンスター級も交じっている。4月は“出会いの季節”だ。多くの人が新たなスタートを切った。どんな出会いが待っているのか、胸を躍らせて4月5日『鴨下丸』に出掛けた。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2011年8月1日

03_main.jpg

夏休み、ファミリーフィッシングなら東京湾のシロギス!!

子供たちも夏休みに突入。ファミリーフィッシングなら、東京湾のシロギスが最適だ。しかし、猛暑が続くこれからの時期、「終日炎天下の海上にいるのは…」と考えるのも尤もな話。そこで、お奨めなのが横浜・磯子の八幡橋『鴨下丸』が出している午前釣りの乗合船だ。7時に出船して11時には沖上がり、正味4時間足らずの釣りだが、今シーズンのシロギスは、それでも十二分に数釣りが楽しめる。

鴨下丸・神奈川県横浜八幡橋

2011年1月1日

06_main.jpg

シーバスジギングの最適シーズン到来!

[動画]『鴨下丸』シーバスジギングの最適シーズン到来!東京湾のシーバスは年が変わる頃になると“越冬場所”に固まる傾向があり、乗合船のルアーシーバスが本格化する時期になる。40~80gのメタルジグをメインにテールスピンジグやバイブレーションなどをローテーションして数・型共に狙える最高のシーズンだ。12月24日、“ベイジギング”を体験すべく横浜・八幡橋の『鴨下丸』に出掛けた。