『船宿 まる八・東京都平和島』記事一覧

『船宿 まる八・東京都平和島』記事一覧

船宿 まる八・東京都平和島

2021年5月1日

02_main

東京湾のLT(ライトタックル)アジ、美味しい中アジが活発!!

これからが旬の東京湾“江戸前”のアジ。この滅茶苦茶美味いブランド・アジを狙って、東京都・平和島『船宿 まる八』から普通の乗合船より少し実釣時間が短い“ショートLT(ライトタックル)アジ船”に乗った。

船宿 まる八・東京都平和島

2020年9月1日

04_main.jpg

東京湾の“金アジ”!良型中心に数も楽しめる!

梅雨明けから一気に灼熱の真夏に急変。連日の猛暑で危険な領域に。日本の夏が年々おかしくなっている。しかし、東京湾の海中は例年通りの夏を迎えているようで人気ターゲットの1つである“金アジ”は元気一杯に連日好釣果。一時の「癒し」を求めて東京・平和島『まる八』に向かった。

船宿 まる八・東京都平和島

2019年8月15日

04_main.jpg

東京湾の“LTアジ”が早くも大爆釣モード突入!秋まで待てない!

梅雨がやっと明けたと思ったらいきなり連日の猛暑。東京では既に2週間以上も気温が25度以下になっていない。季節が何か「変」じゃない?東京湾では例年秋が数釣りシーズンのアジ(LT=ライトタックル)が早くも連日大爆釣。こちらの「変」なら大歓迎!お盆休み真っ只中に東京・大田区、平和島『船宿 まる八』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2018年9月1日

03_main.jpg

東京湾のLTアジが止まらない!竿頭94尾!!

細い道糸を使うことによって、オモリや道具の軽量化を実現したLT(ライトタックル)アジ。東京湾の釣り物としてすっかり定着した。初心者にもお薦めのお手軽な釣りだが、今年は更に一歩踏み込んだLTアジの深淵を覗くべく、東京・平和島『船宿 まる八』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2018年1月15日

03_main.jpg

東京湾のアジをLT(ライトタックル)で徹底攻略!

食卓でも馴染み深く、レシピサイトでは物凄い数の調理法が紹介されている魚、アジ。今も昔も沖釣りの入門に最適とされる身近な対象魚だが、LT(ライトタックル)と呼ばれる細い道糸を用いた釣法が一般化して、更にお手軽なターゲットとなった。年の始めの3連休、たまにはのんびり釣りを楽しもうと東京都・大森の『船宿 まる八』を訪ねた。

船宿 まる八・東京都平和島

2017年7月15日

04_main.jpg

夏休み!!親子で東京湾のシロギス釣り、遊び倒そう!!

例年になく雨が少ない梅雨が、季節の移り変わりを鈍感にさせているが、カレンダーは既に7月。子供達の夏休みももうすぐそこだ。夏の思い出の1ページに親子で船釣りは如何だろうか?誰でも気軽にチャレンジできる東京湾のシロギスは、そんなファミリーフィッシングにピッタリな釣り物だ。一足早く夏を先取りに大田区平和島『船宿 まる八』に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2017年4月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

GWレジャー釣行に最適! 東京湾のシロギスが上昇気配

いよいよ大型連休“ゴールデンウイーク”に今週末の4月29日から突入。ベテラン陣は各々得意なジャンルを存分に楽しんでもらいたいが、グループやファミリーでワイワイ楽しむなら、おすすめは近場の小物釣りだ。昔からその王道を行くのがシロギス。ちょうど5月の初めころから水温の上昇とともに浅場に移行し始め、活性も上がって釣りやすく、さらに引きも強くなるから楽しさ満点。現在、シロギスを中心に出船する東京平和島『船宿まる八』の高橋広司船長から、GWの必釣術を聞いたのでご参考に!

船宿 まる八・東京都平和島

2016年10月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

やはり東京湾の顔! LTアジ船は秋も安泰

東京湾のスタンダードな釣り物と言えば、季節に関係なく釣れ盛るシロギスとアジ。今秋、シロギスは少し落ち込んだが、アジは夏の小型の数釣りから引き続き好調を維持。しかもLT(ライトタックル)船の湾奥狙いでは、超浅場で25~38cmの大中型が乱舞。そこで、東京平和島「船宿まる八」のLTアジ担当、高橋広司船長から浅場LT術をレクチャーしてもらった。

船宿 まる八・東京都平和島

2016年6月15日

03_main.jpg

東京湾・浅場のシロギス開幕!今シーズンは魚影が濃い!!

パールホワイトの魚体にピンクの側線。「渚の貴婦人」とも呼ばれるシロギスは、第12代将軍・徳川家慶が好んで食べた魚としても名高い。古くは“キスゴ”と呼ばれ、その語源は岸近くに居る魚“岸ご”(「ご」はカサゴやアナゴと同じ魚名語尾)という説がある通り、夏が近づくと沿岸の浅場にやってくる。そんなシロギスの浅場釣りがスタートしたと聞き、梅雨入り直前の6月4日、平和島『船宿 まる八』から出船した。

船宿 まる八・東京都平和島

2015年8月1日

03_main.jpg

夏本番!東京湾のシロギス、束釣り連発!

台風11号が来襲、シケの日が続いた。東京湾奥に雨水が大量に入り極度の“赤潮”が解消され、シロギスは元気一杯だ。盤洲周辺の浅場で連日のように束釣り(100匹以上)が記録されている。7月19日、東京・大森平和島『まる八』の乗合船に乗った。

船宿 まる八・東京都平和島

2014年12月15日

02_main.jpg

東京湾のアジ、絶好調!釣ってよし、食べてよしのアジ・鯵・味!!

寒波が日本列島を襲い、日本海側を中心に四国まで雪を降らせ、一足早く本格的な冬が来たようだ。数日続いた強い西風が治まった7日、「LT(ライトタックル)で、コロッとした中アジが喰ってるよ」という情報に、大田区大森・平和島の『船宿 まる八』から乗合船に乗った。

船宿 まる八・東京都平和島

2014年7月1日

02_main.jpg

東京湾で「海の女王」シロギスが乱舞!

東京湾のシロギスが絶好調だ!連日のように束釣り(100匹以上)が記録されている。ここに来て、盤洲の浅場(水深10m未満)で釣れ出し、日増しに釣果は伸びていると言う。そんな話に我慢し切れず、21日(土)、東京・大森平和島の『船宿 まる八』に出掛けた。当日は梅雨の切れ間の曇り空、風も微風で絶好の釣り日和。ベテランと一緒のビギナー女性、会社の仲間達も乗船しての束越え(100匹以上)4人、噂に違わぬ好調さを体感した。

船宿 まる八・東京都平和島

2013年11月1日

01_main.jpg

釣ってヨシ!食べてヨシ!東京湾・本牧沖の“ブランドアジ”をLTで!

台風26号が大きな爪痕を残した。伊豆大島では昼夜を分かたぬ懸命な救出活動が続くとの報道。度々、大島を遠望しながら沖釣りをしてきた身としては本当に心が痛む。一刻も早い救出を祈るとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げる。さて、今回の取材先は東京都大田区平和島にある『船宿 まる八』。秋の深まりとともにLT(ライトタックル)アジが絶好調との情報。飯島正宏店主に連絡すると「土曜日には風が収まりそうだよ」との事。東京湾の“ブランドアジ”を釣りに19日(土)に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2013年3月15日

04_main.jpg

東京湾・小柴沖のシロギス、自分でアタリを作り出す面白さ

いきなり春がやって来た。先週までの寒さがウソのようだ。陽気に誘われて海に出たいと思っていると、平和島『船宿 まる八』の飯島正宏店主から「東京湾のシロギスが面白いですよ。難しい分、釣れた時の喜びは格別」との誘いを受けた。「あの美味しいシロギスが食べたい―」。食いしん坊が期待を胸に久し振りにナギだった9日(土)に出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2012年9月15日

03_main.jpg

東京湾・中ノ瀬周辺のシロギス、20cm級揃いで食味も抜群!

9月半ばとは思えない残暑が続いているが、東京湾では“落ちギス”釣りが開幕。今シーズンはまだまだ潮温が高く、浅場での数釣りも続いているが、この時期は何と言っても良型狙いが大きな魅力だ。大田区・大森(平和島)の船宿『まる八』は、小物専門の“江戸前船宿”。9日の日曜日、“落ちギス”の様子を窺いに乗合船で出掛けた。

船宿 まる八・東京都平和島

2012年1月15日

01_main.jpg

東京湾・中ノ瀬のシロギス、連日大爆釣!

暖かい時期の釣り物のイメージが強いシロギスだが、実は最も面白いのは冬-と思っている。気温、潮温の下がるこの時期、アタリも渋くなり暖期に比べれば釣り難くなるのは確かだが、それだけにハリ掛かりさせた時の喜びも大きい。また、この時期の魅力は何と言ってもサイズがいいことだ。産卵期の永い魚だけに、いつでも小型はいるが、冬季に限ればピンギス(15、16cm以下)はほとんど交じらない。東京・大森の船宿『まる八』から船に乗った。

船宿 まる八・東京都平和島

2011年7月15日

05_main.jpg

東京湾のLTアジ釣りで干物を作ろう!

最近では、すっかりポピュラーになった感がある東京湾のLT(ライトタックル)のアジ釣り。手軽な道具で楽しめるので、ビギナーやファミリーの釣り物としても人気を集めている。7月9日の土曜日、大森・平和島の船宿『まる八』で37人(3人直前キャンセル)のビギナーが参加して、「釣ったアジで干物を作ろう!」というイベントが『(財)日本釣振興会』(日釣振)主催で行われた。