『アマダイ』記事一覧

『アマダイ』記事一覧

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2020年12月15日

02_main.jpg

相模湾・小田原沖のアマダイ絶好調!“ゲスト”も多彩!

相模湾・小田原沖のアマダイが好調だ。トップが10匹を超える事も珍しくなく、キダイやオニカサゴ等の“ゲスト”も高級魚のオンパレード。小田原早川港『坂口丸』に出掛けた。

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2020年12月1日

04_main.jpg

神奈川県・葉山~城ヶ島沖のアマダイ、大型交じりで数も好調!!

毎年、この時期はアマダイがよく釣れる印象がある。50cm前後の大型の釣果が目立ってくるのも今頃だ。そこで、神奈川県・葉山あぶずり港の“大アマ”の釣果に定評のある『たいぞう丸』に今シーズンの様子を確かめに出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2020年1月15日

05_main.jpg

神奈川県・久比里発、アマダイ“五目”釣り、大物シーズン突入!

厳冬期に面白くなる釣り物の一つにアマダイがある。しかも、今期は例年に無く連日グッドサイズが上がって釣果情報を賑わせている。50cmアップとの出逢いを夢見て、横須賀市・久比里『山下丸』に出掛けた。

浅八丸・神奈川県平塚港

2019年11月1日

03_main.jpg

相模湾・平塚沖のアマダイ開始!今年は大型狙いだ!!

やっと秋らしい陽気となりアマダイ釣りの季節が到来。神奈川県・平塚港『浅八丸』では10月中旬にスタートすると、開始2日目には48cmの大型が飛び出し、3日目にはトップ7匹と数も好調。今シーズンの状況を見に出掛けた。

浅八丸・神奈川県平塚港

2018年12月15日

05_main.jpg

相模湾のアマダイ、いよいよ大物シーズン突入!

今期も好調なスタートを切った相模湾のアマダイ。とにかく数が釣れる印象の今シーズン。ようやく海も冬らしくなって、50cm級の大型も釣れ始めたとの情報を得て、神奈川県・湘南、平塚港『浅八丸』に出掛けた。

たいぞう丸・葉山あぶずり港

2018年12月1日

04_main.jpg

相模湾・葉山あぶずり港発のアマダイ絶好調!!

いよいよ師走。この季節になると俄に盛り上がって来るのがアマダイ釣り。大型が狙えるシーズンに入った相模湾でも好成績が上がっている。釣れる“ゲスト”に高級魚も多く、何処のエリアも休日は満員の人気振り。今回は、神奈川県・葉山あぶずり港『たいぞう丸』から出船した。

愛正丸・神奈川県葉山あぶずり港

2018年11月15日

04_main.jpg

冬の相模湾を熱くする人気ターゲット・アマダイが開幕!

秋の深まりの中で開幕を迎える相模湾の人気ターゲット・アマダイ。夏の相模湾を盛り上げたキハダマグロと本ガツオからバトンを受け継ぎ、寒い冬を熱くする主役がアマダイだ。開幕直後は50cmを超える大型が頻繁に顔を出すことから、晩秋から初冬にかけては特に人気が高い。4日に今シーズンの開幕を迎えた葉山あぶずり港『愛正丸』に出掛けた。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2018年11月1日

04_main.jpg

神奈川県・平塚沖のLTアマダイ今期も数、型共に期待大!

細い道糸を使う事によって、オモリや釣り具の軽量化を実現したLT(ライトタックル)。その登場によって、オデコ(釣果0)覚悟の上級者向け対象魚から、身近なゲームフィッシュとなった感のある高級魚アマダイ。「今期は開幕から良型が上がっている」との噂を聞き付け、神奈川県・平塚港『庄治郎丸』に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2017年12月1日

04_main.jpg

連日爆釣!相模湾・小田原沖のアマダイ釣り!

神奈川県・小田原早川港『坂口丸』のアマダイ船が絶好調だ!11月21日にはトップ31匹という驚異的な大釣りもあり、その後もトップ20匹前後を持続中!早速24日に駆け付けた。冬に旬を迎える高級魚アマダイを狙って、平日にも関わらず12人もの釣り人が集まった。

まごうの丸・神奈川県茅ヶ崎港

2017年10月15日

04_main.jpg

神奈川県・茅ヶ崎沖のアマダイ、今がチャンス!

秋の色が日ごとに深まる今日この頃。釣果情報を賑わせる魚種も秋冬の顔ぶれとなり、更にほとんどの釣り物が好調な様子、釣り人の心は落ち着かない。「平日、空いて居ますよ…」の書き込みに誘われて、9月からアマダイ釣りを開始した茅ヶ崎港『まごうの丸』に出掛けた。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2017年2月1日

04_main.jpg

早く行かなきゃ!神奈川県・相模湾白熱のLTアマダイ!!

細い道糸を用いて、オモリや釣り具の軽量化を図るライトタックル(LT)。船釣りのLT化は様々な魚種の釣りを身近なものにして来たが、その恩恵を最も受けた釣り物はアマダイではないだろうか。年末年始の赤い魚ブームも落ち着いた1月12日、驚きの良型と釣果を叩き出しているとの噂を聞き付け、平塚港『庄治郎丸』を訪ねた。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2016年10月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

超高級魚アマダイ、今季も相模湾で絶好調!

アマダイと言えば今や、マダイをしのぐとさえ言われる“超”が付く高級魚。癖のない軟らかな白身が何の料理にも馴染むため、年末ともなると40㎝オーバーの値段は“万”を超える。好スポットの相模湾は今期もスタートの秋口から好釣果を連発。そこで湾のほぼ中央に位置する平塚港『庄治郎丸』の大堀耕史船長に、展望と基本釣法を聞いてみた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2014年12月15日

03_main.jpg

2桁釣果も狙える。“冬の女王”相模湾のアマダイ!

12月に入り、一段と風が冷たくなって来た。しかし、これからがシーズンの釣り物がある。高級魚・アマダイだ。12月4日の竿頭は17匹と2桁釣果が報告されたので、翌5日、北風に強いと評判の小田原早川港『坂口丸』の乗合船に乗った。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2014年10月1日

04_main.jpg

相模湾・平塚沖のアマダイ好スタート!

今シーズンの相模湾のアマダイは、例年よりも早くスタートとした聞き、9月27日、状況を見に平塚港『庄治郎丸』に出掛けた。当日は台風16号が日本海に抜け、17号が太平洋海上を北上中で、北西風が強い悪条件下の釣行となった。それでもトップは5尾、2番手は4尾2人と船中のほとんどが“顔”をみることが出来た。シーズン初期という事もあり、大型こそ出なかったものの昨年に続き、今季も大いに期待出来そうな印象を強く受けた。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2014年1月1日

04_main.jpg

神奈川県・平塚沖のLTアマダイが熱い!今日も出た、50㎝!!

新年あけましておめでとうございます。今年も良い釣りになります様、お祈り申し上げます。新年の釣行計画は、決まりましたか?神奈川県・平塚沖のLT(ライトタックル)アマダイで、モンスターに夢を掛けてみるのは如何でしょう!平塚『庄治郎丸』のHPを覗くと、12月16日に、41㎝、42㎝、47㎝、51㎝のビッグサイズが釣れている。又、18日はそれを上回る50㎝、55㎝のモンスターも顔を出した。シケ続きの中、満を持して12月21日(土)、モンスターに胸を膨らませ、初釣りターゲットのリサーチに出掛けた。

浅八丸・神奈川県平塚港

2013年11月1日

03_main.jpg

相模湾・平塚沖のアマダイ、大型交じりで絶好調!!

神奈川県・平塚『浅八丸』では9月からアマダイの乗合船を出している。昨年に続き、今年も数・型共に絶好調だ。台風26号の通過前の釣果を船宿HPで見ると、10月12日は1~12尾、その内40~45cmの大型が船中6尾。13日は0~11尾で、47cmと51cmの大型も上がっている。更に14日も0~9尾、48cm、49cm、50cmのジャンボが3尾も上がっていた。相模湾では、早くも大型交じりのシーズン真っ只中に突入した感じだ。台風通過後の19日(土)、期待を胸に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2013年1月1日

03_main.jpg

正月の“赤い魚”は神奈川・久比里の“大アマダイ”に決まり!

師走、“納竿め”に選びたい釣り物は、やはり正月用の“赤い魚”である。そんな中、東京湾口・神奈川県側でアマダイが好調に釣れている。特筆すべきは50cmオーバーの超大型が毎日の様に釣れている事だ。そんな“大アマダイ”が1尾でも釣れれば正月用の姿造りはバッチリだ!、神奈川県・久里浜の平作川に架かる夫婦橋の脇『山下丸』に出掛けた。

坂口丸・神奈川県小田原早川港

2012年12月15日

04_main.jpg

今シーズンは“当たり年”、相模湾のアマダイ!

[動画]小田原早川港『坂口丸』絶好調!相模湾のアマダイ今シーズン、相模湾のアマダイが好調だ。元々数が釣れる魚ではないが、2ケタ釣果も珍しくはなく“高位安定”。西日本方面では“グジ”と呼ばれ、日本料理の食材としても知られる上品な魚体の高級魚である。そんな高級魚は「自分で釣って美味しく食べる」。それも釣り師の特権。12月3日、「爆釣アマダイ、トップ20尾!」と釣果欄の見出しになった小田原早川港『坂口丸』に電話すると「明日は風雨で出られない」との事。満を持して5日(水)に出掛けた。

庄治郎丸・神奈川県平塚港

2012年11月15日

02_main.jpg

相模湾・平塚沖のアマダイ、絶好のスタート!!

[動画]相模湾のアマダイ釣り相模湾のアマダイが好スタートを切った。神奈川県・平塚港『庄治郎丸』では、10月後半から“LT(ライトタックル)アマダイ”の乗合船を開始、順調に釣果が伸びている。小まめなタチ取りと頻繁な誘いが“カギ”となるアマダイ釣り、終日タックルを持ち続ける事が出来るLTが断然有利。LTの特性を武器に数が狙えるようになったという相模湾のアマダイ釣りを体験すべく船に乗った。

浅八丸・神奈川県平塚港

2011年12月15日

04_main.jpg

冬の相模湾で高級魚・アマダイが好調!

[動画]相模湾のアマダイ釣り2011冬冬の相模湾で手軽に狙える高級魚・アマダイ。食味の良さでは定評のあるこの魚、鮮魚の状態で店先に出回る事はほとんどなく、市場から料亭に直行する。そんなアマダイが今まさに旬を迎えている。平塚港の老舗船宿『浅八丸』では、この時期、毎年専門の乗合船を出している。「現在、絶好調ですよ!是非どうぞ!」と代表の金子大郎さんに誘われ船に乗った。

SHINSEIMARU・静岡県清水港

2011年1月1日

04_main.jpg

静岡・清水沖の“アマダイ”好調!

京都を中心に“グジ”の呼び名で知られる“アマダ”イ。日本料理の高級食材としても知られた魚だ。そのアマダイ釣りを得意とする清水港『SHINSEIMARU』では、例年11月後半から12月上旬に乗合船をスタートさせているが、今年は12月に入っても潮温が20度までしか下がらず出船が大幅に遅れていた。「潮温が17度台まで下がったから、そろそろいいでしょう」と、増田憲光(ますだのりみつ)船長から声が掛かった。目安は潮温18度以下だそうだ。