『鶴丸・静岡県田子の浦港』記事一覧

『鶴丸・静岡県田子の浦港』記事一覧

鶴丸・静岡県田子の浦港

2020年2月1日

05_main.jpg

静岡県・田子の浦沖のコマセ・マダイ、手軽に良型好調!!

静岡県・田子の浦港『鶴丸』のコマセ・マダイは、昨年末から好調に数が釣れていた。そして年明けからは、出船すれば2kg前後の良型マダイが交じるようになり、魅力がさらにアップ!「それなら」とばかりに出掛けてみた。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2019年3月1日

04_main.jpg

静岡県・田子の浦沖の夜タチウオ!誘いとパターンで食い方が変わるテクニカルゲーム

大人気のターゲット、タチウオ。アタリから合わせを入れてヒットに持ち込む熱い釣りだ。様々なスタイルが確立されているが、今回訪れた駿河湾エリアでは「夜釣り」で狙うタチウオが盛ん。静岡県・田子の浦港『鶴丸』に出掛けた。タックル、仕掛けは東京湾の仕様とほぼ同じ。今回は餌釣りのスタイルで挑戦した。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2018年3月1日

04_main.jpg

駿河湾、夜釣りのタチウオ、今シーズンはまだまだ好調!

“立春”もとうに過ぎ、暦の上では春だが、まだまだ真冬の寒さの中、駿河湾でタチウオが好調と聞いて2月17日(土)、静岡県・田子の浦港『鶴丸』の夜釣りのタチウオ船に乗った。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2016年12月15日

05_main.jpg

静岡県・富士川沖で“夜タチウオ”を狙う!

東京湾や相模湾ではやっていない夜のタチウオ釣りが、駿河湾では楽しめる。10日、冬の北風にも強く、ポイントも近い、静岡県・田子の浦港『鶴丸』の乗合船に乗った。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2016年6月15日

05_main.jpg

静岡県・田子の浦沖の浅場で、高級魚、クロムツ好調!

“黒いダイヤ”とも呼ばれる高級魚・クロムツ。ダイヤと呼ばれる所以には値段の高さだけではなく、釣るのが中々難しい希少価値にも起因している。通常は水深200m以上の深場を狙い、道具立てにも苦労する魚だが、静岡県・田子の浦港の『鶴丸』では、100m未満の浅場で気軽に挑戦出来るという。「本当にそんな浅場でクロムツが釣れるのだろうか?」。そんな疑問を抱きながら東名高速を西へと車を走らせた。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2015年6月1日

04_main.jpg

駿河湾・田子の浦沖の夜釣り、浅場でクロムツを狙う!

クロムツ(ムツ)と言えば、深海釣りを思い浮かべるが、駿河湾・田子の浦港『鶴丸』で夜釣り(浅場)で好釣果が出始めたと言う。浅場のクロムツ釣りは未体験。「水深は?仕掛けは?」と興味は尽きず、5月23日乗合船に乗った。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2014年11月15日

04_main.jpg

駿河湾・田子の浦沖、1ヶ月遅れの“秋ダイ・ワラサ”乱舞!

静岡県・田子の浦港『鶴丸』の鶴牧謙二船長から、「マダイにワラサも交じって釣れている」との情報が入った。田子の浦と言えば、“田子の浦に 打ち出てみれば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ”百人一首に出てくる名勝。今頃の時期を詠んだ詩であろうか…田子の浦まで富士は裾野を広げ、雪帽子を被り、凛として聳える、秀麗な富士山を目の前にして“タイ&ワラサ”を釣る。贅沢な釣りになりそうだ。楽しみも二倍に膨らむ。連休明けの4日(火)に出掛けた。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2013年11月15日

04_main.jpg

駿河湾・富士川沖に“秋ダイ”のシーズン到来!

今年ほど台風の影響を受けた年も珍しい。多くの釣り人が「予定変更」を余儀なくされた事と思うが、“立冬(11月7日)”も間近か、流石に台風の心配は無用だろう。「釣果情報」を検索して行くと静岡県田子の浦港『鶴丸』でマダイが1~7尾の好成績との情報。3連休の中日、3日(文化の日)に出掛けた。

鶴丸・静岡県田子の浦港

2013年2月15日

01_main.jpg

静岡県・田子の浦沖で良型中心、脂の乗り抜群のタチウオ!

関東近郊エリアの中では、抜群の魚影の濃さを誇る駿河湾のタチウオ。その“釣期”も今では“通年”と言われる程。そのため、タチウオ漁がメインの漁師も多く、毎晩海上には漁火を焚いた釣り船&漁船がズラリと並ぶ。5日、漁師でもある田子の浦港『鶴丸』の鶴牧謙二船長から入電。「今日は凄かったですよ。東沖へ出たんですが2人で130kg釣りましたよ」。いくら漁業とは言え一晩でそれだけ釣れれば魚影の濃さは疑いようもない。シケ明けの8日急行した。