『信栄丸・千葉県乙浜港』記事一覧

『信栄丸・千葉県乙浜港』記事一覧

信栄丸・千葉県乙浜港

2019年5月15日

01_main.jpg

千葉県・南房総、乙浜沖のイサキ、旬の梅雨時に向けて視界良好!

年間を通して温暖な気候の千葉県・南房総。少し早い春の訪れと共に開幕を迎えるのがイサキ釣り。旬の梅雨時に向けて数、サイズ共にウナギ昇り。今年も順調なスタートを切り、連日のように協定匹数の50匹達成者続出との事。居ても立ってもいられずに乙浜港『信栄丸』に出掛けた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2018年2月15日

03_main.jpg

千葉県・白浜沖のヤリイカ、ノリノリの大乱舞!!

冬から春にかけてイカフリークの心を鷲掴みにするヤリイカ。特に千葉県・南房の白浜沖は数もサイズも狙える超A級ポイント。最新の釣況を見ると連日50~100杯とコンスタントに数が出ている。白浜沖のヤリイカを得意とする乙浜港『信栄丸』に3日の“節分”に出掛けた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2017年6月1日

02_main.jpg

千葉県・南房総の“LTイサキ”、浅場で連発!!

近年、イサキは周年狙える釣り物となっているが、本来の“旬”は初夏である。今年もそのイサキ釣りの季節がやって来た。LT(ライトタックル)で30cmオーバーの良型が釣れる千葉県・乙浜港『信栄丸』の予約乗合船に乗った。

信栄丸・千葉県南房乙浜港

2016年7月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

夏イカのシャワー満喫、南房乙浜のスルメイカ快調!

夏のイカと言えばスルメイカ。最近は釣期がはっきりせずに苦戦気味の年も多かったが、好釣り場のひとつ、千葉県南房乙浜沖では今季、5月後半から安定した乗りを見せ、トップがほぼ50匹台をキープと快調だ。イカを得意とする乙浜港『信栄丸』の安田仁船長に好釣術を聞いてから是非、スルメの豪快な水鉄砲をブシューッと浴びにいこう!

信栄丸・千葉県乙浜港

2016年6月1日

01_main.jpg

千葉県・南房総のLTイサキ!絶好調スタート!

釣り物により、当たり外れが多い今シーズンだが、千葉県・南房総のイサキは期待を裏切らない。千葉県・乙浜港『信栄丸』の安田仁船長が、この地区でライトタックル(LT)イサキ釣りを開拓して3年目、今シーズンも順調に釣れている。5月14日に午後船に乗った。

信栄丸・千葉県乙浜港

2016年1月1日

02_main.jpg

千葉県・乙浜沖のヤリイカ!シーズン開幕!

昨年は終始天候に惑わされた1年だった。順調な釣り物もあったが、“様子が違う”釣りを何回も体験した。冬の釣り物・ヤリイカはどうかと情報を集めていたら、千葉県・乙浜港『信栄丸』で竿頭80杯の大釣りを発見。年末に出掛けた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2015年3月1日

02_main.jpg

千葉県・白浜沖のヤリイカ…心温まるおもてなしに大満足!

今シーズン、各地で絶好調のヤリイカ。ベストシーズンを迎え、とくに千葉県・南房エリアでは、いい日には束釣り(100杯超え)もあるなどまさに“爆乗り”状態。2月下旬、千葉県・乙浜港『信栄丸』を訪れた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2014年6月1日

02_main.jpg

ライトタックルで千葉県・南房総の良型イサキを狙う!

千葉県・南房総で良型イサキが好調に釣れている。最近では、“寒イサキ”などという呼び名も一般的になり、季節感がなくなった感があるが、本来の旬は初夏である。つまり、これからが一番美味いシーズンになる。5月18日、乙浜港の『信栄丸』に乗り込み、良型イサキを狙った。

信栄丸・千葉県乙浜港

2014年1月15日

02_main.jpg

千葉県・白浜沖のヤリイカ、本格シーズン間近!!

千葉県・房総沖のヤリイカ事情を乙浜港『信栄丸』安田仁船長に聞いた。「例年、11月頃から釣れ出すんですが、今シーズンは潮温低下が遅れ、釣れ出しも遅れましたね。でも“寒スルメ”は美味いので最初はスルメを狙い、様子を見てヤリを狙って行きます。今は丁度端境期。スルメ用の直結仕掛けとヤリ用のブランコ仕掛けの両方を持って来て下さい」。冬の人気ターゲットヤリイカ。シコシコ食感のイカソーメンが最高だ。又、スルメイカの胆とヤリイカの身で作る塩辛も絶品。端境期の今は両方狙えるのが嬉しい。3日に2通りの仕掛けを準備して出掛けた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2013年7月15日

01_main.jpg

千葉県・乙浜沖“夏イカ”本番!船上干しは腕自慢の大漁旗

梅雨は春から夏への橋渡し役。7月ともなると、梅雨の晴れ間は夏がすぐそこに来ているのが感じられ、気持ちが騒ぐ。夏と言えばスルメイカの船上干しが似合う時期。ムギイカ(スルメイカの“子供”)から成長した“真イカ”が、千葉県・外房の海で群れを成している。千葉県・乙浜港『信栄(のぶえい)丸』では、7月1日から午前船、午後船ともスルメイカ専門で出船している。今年のスルメイカの湧きを確かめに梅雨の晴れ間に出掛けた。

信栄丸・千葉県乙浜港

2013年2月15日

05_main.jpg

千葉県、南房総・乙浜沖の春のヤリイカ攻略!!

[動画]南房総・乙浜沖のヤリイカ好調!千葉県・南房総沖でヤリイカが好調に釣れ出した。南房総・乙浜港のイカ釣りに拘る『信栄丸』の安田仁船長から、「まだ不安定な要素もあるけれど、本格的なシーズン開幕の兆しがあります。“肝パン”の良型スルメイカも狙うので面白いですよ」との話しを聞き出した。すぐに取材の連絡を入れると「残念ながら予約で一杯なんですが…」との事。それなら「同乗させて貰い、攻略法の取材を」とお願いすると快諾して頂き、船に飛び乗った。

信栄丸・千葉県乙浜港

2012年3月1日

01_main.jpg

千葉県・乙浜沖のヤリイカ上昇気配、寒の“スルメ”も安定!

千葉県・南房におけるヤリイカ釣りの“走り”は小型が中心になる事が多い。その大半は卵を持ったメスである。その後、徐々に大型のオスが回遊して来るのが例年のパターン。「今の“ヤリ”は煮付け、刺し身なら“スルメ”がいいな」。そう言いながら刺し身を頬張るのは、乙浜港『信栄丸』(のぶえいまる)の安田仁船長。パンパンに成長した肝に醤油を垂らし、香り付けの七味を振ったタレで食べるスルメイカの刺し身は絶品だ。さらに半生程度にボイルしたエンペラやゲソはプリプリとした食感も相まってこれまた美味い!2月15日、食い気に誘われて『信栄丸』に出掛けた。