『かめだや・東京都羽田』記事一覧

『かめだや・東京都羽田』記事一覧

かめだや・東京都羽田

2021年4月15日

01_main.jpg

“江戸前”LTアジが絶好調!手軽に楽しむ本格船釣り!

本格的な船釣りを手軽に楽しめる“LT(ライトタックル)アジ釣り”。ターゲットは、釣り人の間で「脂乗り抜群で美味しい」と絶賛される“江戸前(東京湾)”のアジだ。GWが近づいても釣果は安定!東京・羽田『かめだや』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2020年3月1日

05_main.jpg

東京湾のブランド・アジ、LT(ライトタックル)で連日好調!!

「今年は桜の開花も早そうだ」と、陸は春めいているが、海の中はまだ冬だ。「何を釣ろう?」そんな時、シケにあまり左右されなくて、手軽で、釣果が安定していて、釣って楽しく、食べて美味しい魚!って、もう東京湾のLTアジしか思い浮かばない。東京・羽田『かめだや』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2019年3月15日

04_main.jpg

東京湾の“ブランド・アジ”、何と7人中5人が束釣り!!

東京湾のアジは、いつ食べても実に美味しい!包丁を入れればまとわりついてくる甘い脂、タタキになめろう、フライ、塩焼き、干物等々、大・中・小型とどんなサイズでも美味しい!東京湾の“ブランド・アジ”と呼ばれるわけだ。10日(日)、東京都・羽田『かめだや』からLT(ライトタックル)アジ乗合船に乗った。

かめだや・東京都羽田

2018年7月15日

01_main.jpg

東京湾のLTアジ、夏休みのファミリーフィッシングにピッタリ!

さあ、夏休みだ。子供達をどこに連れて行こうか悩んでいるお父さんに朗報!東京湾のアジ釣りがお勧めだ。水深20m前後の浅場でLT(ライトタックル)での釣りなので、小学生でも十分に楽しめる。東京・羽田『かめだや』に様子を見に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2017年7月1日

02_main.jpg

東京湾・盤洲の“鉄板・シロギス”、気温と共に気配上昇!

色白で清楚な美しさから「海の貴婦人」とも言われるシロギス。実は釣りたてのシロギスはその名の通りの白ではなくキラキラとパールピンクに輝く美しさ。気温の上昇と共にシーズン盛期を迎え、束釣り(100匹以上)も望める東京湾の超人気ターゲット。中でも盤洲は“鉄板”の釣り場だ。その盤洲で釣れ出したと聞き、羽田『かめだや』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2017年6月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾のシロギス、ようやく本来のパターン復活か?

東京湾のシロギスが得意の東京羽田「かめだや」では6月4日、27.9㎝の特大サイズをゲットしてきた。今や同湾で尺ギスは幻だから夢のある話題で嬉しいものの、シロギスは昨夏から例年と違う“数より型”パターンになっているため、数が伸びる夏もやはりその傾向なのだろうか…と、ちょっと複雑。そこで担当の鈴木祥太船長に聞いたところ「いやいや、浅場の盤洲で釣れ出して元通りの兆し」と好返答。状況と今後の釣り方などを尋ねてみた。

かめだや・東京都羽田

2017年1月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾のシロギスは束釣り長期連発で安泰!

東京湾の冬のメイン小物の1つシロギス。もっか落ち前の入れ食いモードがロングランで続いている。キスは同湾では一年中狙える人気魚だが、今シーズン(昨春~今冬)は夏ギスが今ひとつだっただけに、ファンにはうれしい限り。担当の鈴木祥太船長がコツを教えてくれたから、2月過ぎからの最低水温期に突入する前に、束釣りを満喫しにいきましょう!

かめだや・東京都羽田

2016年8月1日

04_main.jpg

釣り味と食味の二刀流! 東京湾中ノ瀬でLTアジ&シロギスのリレー船

東京湾のLTアジが釣れている。アジフライを食べたいが、シロギスの天ぷらもいいなと食い意地の張ったことを考えていたら、東京・羽田の『かめだや』で釣り味、食味どちらも2通り楽しめると言う欲張りに答えてくれる、LTアジとシロギスのリレー乗合船を出していると聞き、梅雨明け間近の7月21日に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2016年5月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

いよいよ夏の絶好機! 東京湾奥・浅場のシロギス

今年は5月5日が立夏で、暦の上ではもう夏。東京湾ではシロギスが最盛期に入る時期だ。“夏ギス”が大挙して乗っ込む浅場は広範囲に探るのが鉄則。そこで東京都・羽田『かめだや』のシロギス担当・鈴木祥太船長から、片テンビンで投げてはサビく“ラン&ガン釣法”の優位性をアドバイスしてもらった。

かめだや・東京都羽田

2016年1月15日

03_main.jpg

出たッ!33.5cm!!東京湾・LTアジ釣れ過ぎ注意!

昨年から“好釣”が続いている東京湾のアジ。100匹を超す憧れの“束釣り”はおろか、180匹以上と2束釣りに迫る記録も釣果情報を騒がせている。しかも水深20mにも満たない浅場をお手軽なLT(ライトタックル)で楽しめると聞いて、東京湾・LTアジに力を入れる大田区羽田の『かめだや』へ出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2015年5月15日

03_main.jpg

東京湾奥・LTアジ。春の濁り潮に乗って、絶好調!!

大田区・羽田『かめだや』は、LT(ライトタックル)アジの“一日乗合船”(7時30分~15時)を出している数少ない船宿だ。半日釣りでは物足りないと言う人にとって有り難い。春の濁り潮が入って来て、海水温も上がり始め、水深も20m前後の浅場で釣れる様になって来た。良型が釣れているとの情報で5月8日(金)に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2014年11月1日

04_main.jpg

“極美味御免” 東京湾の秋季ブランド・アジ

紅葉前線が山から里へ下りて来た。列島はいよいよ冬支度に入った。海の中にも季節の移ろいはある。潮温の低下に備えてアジが脂を蓄える時季を迎えた。これを誰言うとなく“金アジ”とも“プラチナアジ”とも呼んで食通を唸らせてきた。その“極美味アジ”を求めて、24日(金)、首都の玄関口「羽田」の老舗船宿『かめだや』を訪ねた。

かめだや・東京都羽田

2014年4月1日

02_main.jpg

東京湾・中ノ瀬、春のシロギス釣りが面白い!

“春分”、船上での釣りも心地よい季節。ポカポカ陽気に釣り好きの虫が騒ぐ。しかし、この季節は強風が吹きやすく、出船も釣果も不安定。それでは、比較的に風の影響が少ない東京湾でのんびりとシロギス釣り!大雪の影響で低迷していた釣果が復調-との情報にも期待が高まる。3月26日、東京・羽田の『かめだや』へ出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2013年8月1日

01_main.jpg

東京湾・盤洲のシロギス絶好調!ビギナーでも数釣り!

[動画]盤州で仕立船・かめだや丸と並んでシロギス釣り東京湾奥・羽田『かめだや』から乗合船で盤洲(ばんず)へ走り、このところ絶好調のシロギス釣りを楽しんで来た。竿先を引っ手繰っていくようなアタリに、暑さを忘れて夢中になった。結果は午後からの3時間ほどで55匹!おまけのイシモチ(シログチ)も5匹加えてジャスト60匹の釣果で、大満足。因みにこの日のトップは2本竿でナント、211匹!ポイントの水深は3~13mの浅場なので、手返しよく釣れば、100匹突破の“爆釣”も今なら夢ではない。

かめだや・東京都羽田

2013年1月15日

02_main.jpg

東京湾・中ノ瀬の“落ちギス”本格化!

潮温低下の遅れで中途半端な状況が続いていた東京湾の“落ちギス”だが、年末からの厳しい寒さで潮温も下がり、越冬のためシロギス釣りの“メーンスタジアム”とも言える中ノ瀬の深場へ集まって来た。そこで、本年の初釣りタ-ゲットに選び1月4日、多摩川下流に架かる大師橋脇にある『かめだや』から船に乗った。

かめだや・東京都羽田

2012年6月1日

01_main.jpg

東京湾・盤洲のシロギス、絶好のスタート!!

千葉県木更津市の小櫃川(おびつがわ)河口一帯に広がる盤洲干潟、最大1400haに及ぶ東京湾に残された数少ない広大な干潟の1つである。この干潟の一部は春から初夏にかけて絶好のシロギス釣り場になる。例年5月末にはシーズンインするが、5月25日、東京・羽田の『かめだや』が、今シーズン初狙いの船を出すと聞き、出掛けてみた。

かめだや・東京都羽田

2011年11月1日

04_main.jpg

東京・羽田から出船、“LTアジ”と屋形船!

『かめだや』ご案内東京の空の玄関・東京国際空港(羽田空港)のすぐ近く多摩川下流左岸側に古くから店を構える老舗船宿『かめだや』。1年を通してアジとシロギスの乗合船を出しているビギナー大歓迎のアットホームな船宿だ。現在、アジは浅場で釣れており入門には最高の条件が整っている。そしてもうひとつ、東京湾の四季折々の風景やきらめく夜景などを船上から楽しめる江戸時代から伝わる粋な船遊び“屋形船”も周年営業。今年の忘年会は屋形船に乗って一味違った宴会を企画してみては如何だろう。

かめだや・東京都大田区羽田

2011年5月1日

03_main.jpg

東京湾の“主役”シロギス、シーズン盛期へ

『かめだや』のシロギス釣り魚種の多さと漁船の漁獲量、どちらも対面積比率では断トツの世界一と言われる東京湾。その東京湾の数多い釣り物の“主役”と言えば、狙っている船宿の数、釣り人の多さを考えればやはりシロギスだろう。パールピンクに輝く魚体、食べても美味しいシロギスは、ビギナーからベテランまで幅広いファンを持つ釣り物だ。例年、GW突入と共にシーズン盛期を迎える釣り物でもある。東京・羽田の『かめだや』から船に乗った。

かめだや・東京都大田区羽田

2010年7月15日

03_main.jpg

中型アジと抱卵サバに大満足!

東京都大田区羽田。羽田空港の目と鼻の先、多摩川左岸側には屋形船と釣り船を併営している船宿が軒を連ねているが、今回訪れた『かめだや』は、多摩川下流に土手が出来る前から、貸しボート業を始めたという老舗。現在のメーンターゲットはアジ。6月からクリスマス頃までは水深10~20mの浅場を中心にLT(ライトタックル)で狙っており、今シーズンは比較的安定した成績が上がっている。