『第三松栄丸・千葉県大原港』記事一覧

『第三松栄丸・千葉県大原港』記事一覧

第三松栄丸・千葉県大原港

2020年10月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖、ヒラメ全面解禁、数・型共に文句ナシ!!

『解禁』──この言葉に心躍るのは釣り人の特性。9月1日から限定海域でのヒラメ釣りが解禁となった千葉県・大原エリアが、いよいよ全面解禁を迎えた10月1日。今期のヒラメの様子を伺いに、大原港『第三松栄丸』に出掛けた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2019年9月15日

03_main.jpg

千葉県・外房エリアのヒラメ“部分解禁”、今期は型がイイ!!

9月1日から海域を限定してヒラメ釣りが解禁となった千葉県・外房エリア。「解禁早々、サイズの良いのが上がってる」との噂を聞き付け、千葉県・大原港の『第三松栄丸』に出掛けた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2018年7月1日

01_main.jpg

千葉県・大原沖の『梅雨イサキ』絶好調!

釣り人にとっては“季語”の一つ「梅雨イサキ」。イサキは梅雨時が、乗っ込み期(産卵期)、つまり旬である。お腹にたっぷり白子や真子を抱え、サイズも数も最盛期となる。ビギナーからベテランまで楽しませてくれるこの時期のイサキを逃す手はない。大原港『第三松栄丸』へ出掛けた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2017年12月15日

02_main.jpg

千葉県・外房、大原沖のヒラメ、シーズン盛期へ!

西高東低の冬型気圧配置の日が続き、寒さが身に染みる季節となった。冬がシーズン盛期の釣り物・ヒラメを求め、千葉県・大原港『第三松栄丸』に出掛けた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2017年1月15日

02_main.jpg

ライトタックルで狙う千葉県外房・大原沖のヒラメ、浅場で大型連発!

外房大原沖にイワシが入って来た。イワシの接岸と共に寒ビラメが順調に釣れ出したとの情報に、流行のライトタックル(LT)を持って、12月17日、千葉県・大原港『第三松栄丸』の乗合船に乗った。

第三松栄丸・千葉県大原港

2016年6月15日

01_main.jpg

千葉・大原沖の“梅雨イサキ”絶好調! 連日入れ食い!!

関東地方も梅雨入りしたが、太公望にとっては“梅雨イサキ”が「旬」に入ったとの宣言に聞こえる。早速…と思ったが千葉県・大原港は6月1日から6日まで全船休み。そこで8日、雨模様の予報だったが「梅雨に雨は付き物」とばかり大原港の『第三松栄丸』に出かけた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2015年12月15日

01_main.jpg

千葉県・外房、大原沖のヒラメ、好釣果連発!

ガッッ…ゴッッ、ゴッッ、ゴッッ…グンンン!「待ってました、このアタリ!」。 ヒラメ独特のあのアタリを思う存分味わいたい!「今季も“好釣”!」という千葉県・外房、大原沖。大原港『第三松栄丸』さんから出船して参りました。現役“主婦アングラー”の『ドタバタヒラメ獲得奮闘記』をお伝えいたします!!

第三松栄丸・千葉県大原港

2015年6月1日

01_main.jpg

“梅雨イサキ”、千葉県・大原沖でシーズンイン!

鬱陶しい梅雨にもこの時期ならではの楽しみがある。イサキ釣りが旬を迎えるからだ。イサキは暖流系の魚。生息域の北限といわれる千葉県・外房の大原沖からも釣果情報が届くようになった。23日(土)、大原でも老舗船宿のひとつ『第三松栄丸』を訪ねた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2014年12月1日

01_main.jpg

千葉県・大原沖のLTヒラメ絶好調!!

北風が吹き、厚手のコートが必要になる頃、ヒラメ釣りは“本番”を迎える。今シーズンも千葉県・外房各地で順調な釣果が出ている。広大な海域と、複雑なポイントがある千葉県・大原も好調との情報。11月19日、大原港『第三松栄丸』の乗合船に乗った。

第三松栄丸・千葉県大原港

2014年7月1日

01_main.jpg

千葉県・大原沖の抱卵“梅雨イサキ”。食味、釣り味満点!!

6月中旬、北海道を除き、全国的に梅雨入りした。この時期のイサキは、“梅雨イサキ”と呼ばれ、一年で最も脂が乗り、食味のピークを迎える。卵や白子を抱えた腹太の魚体が、“旬”真っ盛りを証明している。その上、竿先に出るアタリが心地良く、ダブル、トリプルで掛かると手応えも更に増し、釣り味満点だ。食い気に誘われ、抱卵した絶品イサキを求めて21日(土)、千葉県・大原港『第三松栄丸』へ出掛けた。

第三松栄丸・千葉県大原港

2013年12月1日

02_main.jpg

今シーズンも絶好調!LTで狙う千葉県・大原沖のヒラメ

ここ数年、ヒラメをライトタックル(LT)で狙う釣り人が増えたと聞く。LTヒラメ専門の乗合船でなくても、標準的なタックル(大原ではオモリ80号が基準)に交じってLT(オモリ40~60号)でヒラメを狙うことが出来ると聞いた。今シーズンも絶好調な大原沖でLTヒラメに初挑戦してみようと、11月20日、『第三松栄丸』へ出掛けた。