『共栄丸・千葉県富浦港』記事一覧

『共栄丸・千葉県富浦港』記事一覧

共栄丸・千葉県富浦港

2020年4月1日

03_main.jpg

千葉県・富浦沖のコマセ・マダイ、桜咲き“乗っ込み”突入!

春、桜が咲く頃に釣れ出すマダイを俗に「桜鯛」と言う。海水温上昇と共にマダイが産卵の為、浅場にやって来る“乗っ込み”のシーズンである。1年の内でも最も大型が狙える絶好のチャンス、ほとんどの“記録魚”はこの時期に釣れている。東京では、観測史上最速の3月14日に桜の開花を記録した今年、コマセ・マダイを得意とする千葉県・富浦港『共栄丸』に出掛けてみた。

共栄丸・千葉県富浦港

2019年4月15日

03_main.jpg

千葉県・富浦沖、いよいよ乗っ込みマダイスタート!良型も登場!

千葉県・房総半島の内房に位置する富浦港。東京湾口に近い事も有り比較的暖かい潮が流れるエリアである。その為、関東エリアでもマダイの産卵前の荒食いにあたる「乗っ込み」が少し早めに始まる傾向が有る。「乗っ込み」の状況を確認しに古くからの知り合いでもある富浦港『共栄丸』に出掛けた。

共栄丸・千葉県富浦港

2018年11月1日

01_main.jpg

千葉県・富浦沖のアオリイカ、ティップランで攻略!

春に産卵するアオリイカ。浅場で釣れるイカとしては大型になる部類だが、成長は非常に早く、ひと潮(約半月)毎に大きくなり、秋から初冬にかけて釣り人を楽しませてくれる。獰猛な性格でその釣り味の強烈さに嵌る釣り人も多い。千葉県・南房、富浦沖は好釣り場として知られた所。富浦港『共栄丸』では連日好釣果が続いており、2桁釣果も珍しくはないと聞き、20日(土)に出掛けた。

共栄丸・千葉県富浦港

2018年5月1日

03_main.jpg

千葉県・内房“乗っ込み”マダイ!早くもシーズンイン!

沖釣りファン待望のマダイの“乗っ込み”が始まった。各地で好釣果が聞かれる中、「千葉県・内房、富浦沖が絶好調!」との情報に4月17日、富浦港『共栄丸』の午前船に乗った。

共栄丸・千葉県富浦港

2017年11月15日

02_main.jpg

千葉県・内房、富浦沖で秋のコマセマダイが本格始動!

秋のマダイ釣りシーズン本番!千葉県・内房地区、富浦沖では例年よりひと月程遅れててシーズンインしたという。この時期なら初心者にも十分楽しめる。10月の末、千葉県・富浦港『共栄丸』から予約乗り合い“午前便”に乗船、元気のいいマダイに会って来た。

共栄丸・千葉県富浦港

2017年5月1日

02_main.jpg

千葉県・富浦沖の乗っ込みマダイ、まだ間に合う!?

この時期、テンションの上がる言葉と言えば「解禁」、「春爆」そして「乗っ込み」。今年のサクラは開花こそ早かったものの満開は近年より遅く感じられた。となると、マダイの産卵はどこまで進んでいるのか。春の一大イベント「乗っ込みマダイ」を求めて、大型が上がっている千葉・富浦港『共栄丸』を訪ねた。

共栄丸・千葉県富浦港

2016年11月15日

02_main.jpg

千葉県・富浦沖のアオリイカ、ティップランで最高に楽しい!

新たなアオリイカの釣り方として、関東でもすっかり人気が定着した感のあるティップランエギング。元々は関西方面での釣法だったが、今回出掛けた千葉県・富浦港『共栄丸』が、関東の先駆けとして取り入れるや否やアッという間に人気となった。その人気の理由は何なのか?ハロウィンに町が沸く10月最後の日曜日、富浦まで探りに行った。

共栄丸・千葉県富浦港

2016年4月8日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

千葉県富浦港・共栄丸「乗っ込み秒読み! 富浦沖のマダイ浮上中」

千葉県のマダイ好釣り場、南房・富浦沖が海水温の上昇とともに、徐々に乗っ込み体制に入ってきた。ここをメインポイントにする富浦港『共栄丸』では、4月上旬現在、まだ絶好水温ではないため、2kg台を頭に1kg級前後の数釣りの様相だが、笹子宏宣船長は4月後半から5月初めに乗っ込みに突入して大ダイが登場すると予想。同エリアの定番、オキアミコマセ釣法のセオリーを聞いたので、ぜひともチャレンジを。

共栄丸・千葉県富浦港

2015年4月15日

02_main.jpg

千葉県・内房でマダイが乱舞!“乗っ込み”開始か!?

サクラの季節を迎えると落ち着かない。マダイの“乗っ込み”が始まるからだ。例年、関東エリアで真っ先に始まるのが千葉県・南房から内房にかけての東京湾口付近。今年の“乗っ込み具合”や如何に。3月31日(火)、東京湾口・富浦港『共栄丸』を訪ねた。

第三共栄丸・千葉県富浦港

2014年11月1日

02_main.jpg

千葉県・南房総のコマセ・マダイ&五目釣り

数日前に富士山の初冠雪のニュースがあった26日、海の中にも秋が訪れ、魚も活発に餌を追い始めた。水深30mの浅場で2kg超級のマダイも続出!との情報に、千葉県・南房総、富浦港『第三共栄丸』にコマセ・マダイ釣りに出掛けたが、マダイの他に“イナワラ”やイシダイ、ハナダイ、イサキ、メジナ等多くの“ゲスト”が歓迎してくれた。

共栄丸・千葉県富浦港

2013年10月1日

03_main.jpg

千葉県・内房、コマセ釣りのマダイ&ワラサがシーズン本番!

台風一過、一気に秋の色が濃くなった。「潮温が下がり、魚の活性も上がって6kg級の大ダイも出た」。千葉県・富浦港『第三共栄丸』の笹子宏宣船長からの情報に9月23日、ワラサ交じりのコマセ・マダイ釣りに出掛けた。

第三共栄丸・千葉県富浦

2012年12月15日

03_main.jpg

ヒット連発!ティップランで狙う千葉県・富浦沖のアオリイカ!!

[動画]『第三共栄丸』ティップランで狙うアオリイカ!アオリイカを対象に圧倒的な釣果を叩き出せるとあって、西日本を中心に人気爆発の釣り方・ティップラン。関東でも徐々に火が付き始めているが、まだまだこの釣りが出来る船宿は少ない。千葉県・富浦港『第三共栄丸』は、そんな貴重な船宿の1軒。多くのアオリイカファンが足繁く通っている。冬はアオリイカの群れも固まり大型が釣れる絶好の季節だ。爆弾低気圧の影響でシケ続きだったが合間を見付け船に乗った。

第三共栄丸・千葉県富浦港

2012年5月15日

01_main.jpg

大ダイ5.9kg浮上!千葉県・富浦沖の乗っ込みマダイ

“GW”前あたりから千葉県・内房エリアで良型のマダイが上がり始めた。3月終わり頃から釣れてはいたのだが、不安定な天候が続き釣果は安定していなかった。5月9日に富浦港『第三共栄丸』に乗った所、5.9kgの大ダイが浮上!僚船では10kg級がキャッチされ、遂に富浦沖は待ちに待った乗っ込みシーズンに突入した!