VODバナー
  • 2021年5月11日(火)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ 4~25 匹 20~31 cm 洲崎沖水深15~65m
アカハタ 0~4 匹
【水色】薄濁り 【水温】17.5~17.8℃
1カサゴ五目船。カサゴは本カサゴ。他にアヤメカサゴ・キントキ・カンダイ・ワニゴチ・オキナヒメジ等。今日のカサゴ五目はエサ釣りの方とジグやタイラバで行う方の釣行。朝一は逆潮残りで釣り辛かったのですが…30分後、良い方向へ潮角が傾けば潮通しも良くなり、更に適度に潮も流れれば…。ジグ、タイラバには反応が弱いがエサ釣りで行う方には本カサゴの反応が良く、竿頭の人は始めポチポチ、のち半入れ掛かりとなり約1時間ちょいでツ抜け!その後は多少活性が下がるが中盤までに20匹の本カサゴを上げ中盤までに土産十分!となり、アカハタ等も所々で交じりました!浅い方は干潮過ぎ位から渋りだしたので深めの方へポイント移動し行うが、潮通し悪いせいか?パッとしませんでした。しかし…アヤメカサゴ・回遊魚のキントキがちょび顔見せました~。今日はエサ釣りの方の圧勝!ジグ、タイラバ等は今日の潮には合わなかったかな?ちなみに竿頭の人は浅場の本カサゴだけでも25匹、沖めのアヤメカサゴ入れればカサゴ系だけで30匹は捕ってたと思います。お見事!クーラーも立派ですね!
  • 2021年5月9日(日)
GWも天候に悩まさたが、8日、9日も風強く船体は陸上待機、中止となりました。
  • 2021年5月7日(金)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ・アヤメカサゴ 5~14 匹 20~33 cm 洲崎沖水深15~73m
アカハタ 1~3 匹
【水色】薄濁り 【水温】17~18.5℃
1カサゴ五目船。カサゴは本カサゴ。他にオニカサゴ・カンコ・ホウライヒメジ等。途中、予報にはなかったぱらつく程度の雨はありましたが、終日ナギの海での釣行でした~!前半…本カサゴ30cm超級も!平均サイズに不満ありありでしたが、朝方暫くは本カサゴ・アカハタが程度に上がり、本カサゴの30cm超級も出た!!中盤以降…オニカサゴ何匹か。浅い方、深い方ともに潮が流れないがため根魚達は低調…。深めの方で前航海同様、良型オニカサゴが何匹か顔見せるが一時だけ。結果!今日は前航海と全く同じような釣行で、中~後半は渋っ渋でしたので、勝負どころは前半中だったかな~!
  • 2021年5月4日(火)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ・アヤメカサゴ 2~12 匹 20~31 cm 洲崎沖~川名沖水深15~63m
マハタ 0~2 匹
アカハタ 0~3 匹
2 カサゴ 数匹
アヤメカサゴ 数匹
小マハタ 数匹
ウマヅラハギ 数匹
【水色】薄濁り 【水温】16.6~17.3℃
風吹く日多く天気に恵まれず…今日やっと海に出られ、カサゴ五目船(乗)とテンヤ・タイラバ船(仕)の2隻で出船しました~。
1カサゴ五目・乗合船。久々の出船でした!風は微風、潮流れもおとなしいが変なウネリがあり、根魚には部が悪い感じで個人差もでたが、中型本カサゴ中心にたま~にアカハタ他交じりで、いい人は前半の内に土産位は確保した人も。満潮時頃からアタリが遠退いていったので、やや深めにポイント移動するが弱潮で渋っ渋!それでもkg級オニカサゴ・アヤメカサゴ等が顔見せる。その後深めの方は、やたら潮通しが悪くなった為また浅い他へ行きおこなうが、浅い方もキツイ潮通しで苦戦したが… マハタ・本カサゴの2点掛け等もあった。今日は、潮通しが悪くなった中~後半はだいぶ渋ったので、前半のうちにそこそこ魚を捕っていた人のみ土産確保!って感じでした。他にオニカサゴ・フサカサゴ・ヒゲダイ・オキナヒメジ等。
2テンヤ・タイラバ・仕立船。
  • 2021年4月11日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 マハタ 0~1 匹 洲崎沖~平砂浦沖水深40~70m
アオハタ 0~2 匹
【水色】薄濁り
1仕立・マハタ五目船。他にキントキ・カンコ・アヤメカサゴ・マトウダイ等、各数匹ずつ。今日は乗合は事情で出船できず、よって…詳しい釣況はお伝えできず、船上写真等もありません。あしからず。
  • 2021年4月10日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 マハタ 0~2 匹 洲崎沖~平砂浦沖水深32~75m
ヒラメ 0~2 匹 1~1.6 kg
2 ヤリイカ・スルメイカ 0~13 匹 27~43 cm 洲崎沖水深150m前後
【水色】薄濁り 【水温】15.7~16.1℃
今日は、マハタ五目乗合船とヤリイカ&スルメイカ仕立船の2隻で出船しました。
1マハタ五目船。他にキントキ・カンコ・本カサゴ・アヤメカサゴ等、各数匹ずつ。マハタは今一サイズ?今日も黒潮入れず、最近はおきまりを通り越して定番化しつつある弱潮or潮なしの潮まわり…。当然、根魚達は低活性。その根魚達を引っ張り出すのにポイントまわり数10ヶ所、で…ごめんなさいサイズが殆どでしたが、何匹かのマハタ確保!ゲストのヒラメは活性良かった訳ではないが、水温下がったせいもあってか?ハタ系よりは口使ったかな潮角変わるが流れは相変わらずのどんずまり、更に水温低下のお手上げ状態も…。終了間際にキントキが構ってくれ、殆どの人にアタリました。
2別船ヤリイカ&スルメイカ。ヤリイカ2割。
  • 2021年4月9日(金)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 ホウキハタ 2kg位 洲崎沖~平砂浦沖水深34~78m
カンコ ~3kg弱
ヒラメ 1kg前後
【水色】薄濁り 【水温】15.9~16.5℃
1マハタ五目船・3人の釣果。ホウキハタ(2kg位)・カンコ(小型?3kg弱)・ヒラメ(kg前後)・本カサゴ・アヤメカサゴ等、各数匹ずつ。今日の乗合船は初心者交じりの3人1組のお客様のみで出船。釣況は…朝方、ハタもカサゴもまずまずのスタート!ここ最近、朝方から弱潮に苦しめられていたが、今日の朝は少し流れ、早いうちにハタ系とカサゴ系が少しは口使い、先ず先ずのスタート。しかし…3流しめ位から潮流れに急ブレーキがかかると…当然の如く魚達のテンションは下がり、その後…。中盤、ヒットはするけれども…首の降り方からして、明らかにマハタ(大型?ちょい大きめ?)のアタリが初心者の竿にヒット!も、無我夢中の無理巻きでアウトも無理もない。その後、他の人にも来たそれらしきアタリもハリスパッチン…。ツキの無いのはお客様or船長?どっち??後半…ヒラメ・カサゴ系ちょい足し。弱潮は延々と続き~…渋っ渋っ。終了間際にヒラメ・カサゴ系ちょい足しで終了。ちなみに今日の写真は、渋っ渋の中でもそこそこ魚上げた方の写真とクーラーBOXの写真のみです。
  • 2021年4月7日(水)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ 6~11 匹 20~37 cm 洲崎沖~平砂浦沖水深29~70m
【水色】薄濁り 【水温】16.2~16.6℃
1カサゴ五目船。カサゴは本カサゴ8割・カンコ・オニカサゴ3種の合計。他にアカハタ・トゴットメバル・ヒメジ等。今日の乗合船は先予約のお客様の希望で、今シーズン初のカサゴ五目(身餌)で出船しました~!!釣況は…前半~中盤、苦戦状態…。今日も最近おきまり?の弱潮。カサゴ系には潮が無いのは致命傷…。朝方から頭抱えながらの釣行…。潮無いので浅い方の根魚には総スカン状態。沖口(60m前後)の荒根でオニカサゴ・カンコ等を無理やり引っ張りだすが…潮が無いので相手方も次第にスレて行き数は捕れず、なかなか土産まとまらず苦戦。後半、短時間でそこそこ、アカハタも交じる!また浅い方へ。潮加減の良くなるタイミングが良かったのか?はたまた船長の勘ピューターがはたらいたのか?移動直後からポチッ、ポチッと本カサゴ中心に適度に上がり、短時間でそこそこ捕れアカハタも交じった!!鮮やかな赤と空の青色が、綺麗なコントラストになっていますね。結果!皆さんお土産ゲット!!最終的には皆さん(少人数ですが)土産になりました!
  • 2021年4月4日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 マハタ 洲崎沖水深35~71m
アカハタ
カサゴ
アヤメカサゴ
マトウダイ
アカイサキ
オキナヒメジ
イラ
【水色】薄濁り 【水温】16.5~17℃
1マハタ五目船。マハタ・アカハタ・本カサゴ・アヤメカサゴ・マトウダイ・アカイサキ・オキナヒメジ・イラ等、各数匹ずつ。今日の乗合船はスロージグで行う方も交じっての釣行。釣況は…今日も黒潮入れてこず、最近おきまりの弱潮でした。前半…弱潮でどうにもならずで、あっちこっちの数撃ちゃ当たる?戦法でとりあえず、数匹のマハタを確保!しかし…その後は根魚のスイッチはOFF?となり泣かず飛ばず…。中~後半、潮止まりを経て満潮過ぎの潮変化に期待するが…流れてきたのは逆潮でぐちゃ、当然の如く喰いも上向かずー。その後、終了1時間前位に待っていた潮方向に変化したが、カサゴ系他がちょろっと程度で、ドラマも起こらず終了。お疲れ様でした。因みに、本命他のゲストも何種かいましたが、どの種もサイズが今一でしたので、今日の写真は良型マハタを釣った人と、その方のクーラーBの写真のみです。日曜日なのに写真少なく申し訳ない。
  • 2021年4月3日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 マハタ・ホウキハタ 0~2 匹 1kg弱~2.3kg 洲崎沖~平砂浦沖水深35~78m
【水色】薄濁り 【水温】17~17.5℃
1マハタ五目・乗合船の釣果。他にヒラメ・オニカサゴ・カンコ・アヤメカサゴ・マトウダイ・アカヤガラ等。最近は女性のお客様の活躍が目立つが…今日も女性交じり乗合船でGO。前日同様、今日も前半中は潮が苦しい位流れず~。で…カンコ・アヤメのカサゴ系しか顔見せず激渋。中盤、時合らしき時が来て短時間でマハタ何匹か上がるがサイズ不足、しかしその後暫くは適度にアタリもあり、ヒラメ他ゲストが何種か顔見せてましたね~。まだまだここから!今日はゲストはそこそこも、何せ本命(マハタ)は何匹か上がるがサイズ不足で消化不良。最後の流しは洲崎間沖の神頼みポイントへ。すると…キター!大型まではいかずも2kg級か何人かにヒット!打率悪く、アタった割にはバレましたが、何人かは最後に2kg級ゲット。最近、終了間際にこのパターンあるのよ。お疲れ様でした。