『山下丸・神奈川県久比里港』記事一覧

『山下丸・神奈川県久比里港』記事一覧

山下丸・神奈川県久比里港

2020年1月15日

05_main.jpg

神奈川県・久比里発、アマダイ“五目”釣り、大物シーズン突入!

厳冬期に面白くなる釣り物の一つにアマダイがある。しかも、今期は例年に無く連日グッドサイズが上がって釣果情報を賑わせている。50cmアップとの出逢いを夢見て、横須賀市・久比里『山下丸』に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2019年2月1日

04_main.jpg

東京湾・久里浜沖のスミイカ、ビッグサイズ交じりまだまだ楽しめる!

冬の東京湾の風物詩の1つのスミイカ釣り。中ノ瀬沖の水深6、7mで釣れ始め、節分頃には久里浜沖から下浦沖の深場(水深60m前後)に落ち、型も800g級のビッグサイズが交じるようになる。「大型交じりで安定して釣れてますよ」。神奈川県・久比里港『山下丸』の山下克範船長からの情報に24日(木)、出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2018年9月15日

05_main.jpg

東京湾口のカワハギ、秋のシーズン好スタート!!

剣崎沖の“解禁”でスタートした東京湾・秋シーズンのカワハギ釣り。強烈な台風が去って吹き返しの風が収まって来た9月9日、神奈川県・久比里港『山下丸』に出掛けた。海には高海水温(26℃)や濁りなど台風の“置き土産”が残っていた上にカワハギ釣りには、不向きな潮具合と風だったが30cmオーバーも数匹交じって、今シーズンも期待できそうな印象を受けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2018年2月1日

03_main.jpg

神奈川県・久里浜沖のスミイカ、寒さ吹き飛ばす大型続出!

冬の東京湾の人気ターゲットの一つ、スミイカが絶好調と聞いた。神奈川県・久比里港『山下丸』では、年明け後からスミイカ船を開始。山下克範船長は、「今シーズンはスタートからサイズがいい」との事。期待に胸を膨らませ1月28日(日)、久比里へ向かった。

山下丸・神奈川県久比里港

2017年2月15日

05_main.jpg

高活性!東京湾・剣崎沖のカワハギ、復調の気配!!

2月に入り、本来ならシーズン終盤を迎える東京湾・剣崎沖のカワハギ釣りが季節外れの“爆釣”モードに入っている。乗り遅れるわけにはいかない。“原因調査”も兼ねて、2日、神奈川県・久比里港『山下丸』に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2016年10月1日

03_main.jpg

東京湾・剣崎沖のカワハギとの熱い戦いがスタート!

秋雨前線の居座りで雨続き。カワハギ釣りのシーズンを迎え、ウズウズしていたら神奈川県・久比里の『山下丸』から「まだ潮温は高いけど、剣崎沖で良型がポツポツ釣れている」との情報。“餌取り名人”との駆け引きと強烈な引き込みに惹かれ、9月25日に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里

2016年7月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

超浅場で入れパク!東京湾口・久里浜沖の夏カサゴ最盛期

神奈川県横須賀市久比里の老舗船宿『山下丸』ではベイトの接岸、高水温化でカサゴ船が最盛期を迎え、水深5~10mの超浅場でトップ平均50匹と大盛況。しかも、かえって浅場の方がサイズのいい傾向にあるというから、ビギナーにも大チャンスだ。ベテラン山下克範船長のベーシック釣法を紹介するから、ぜひともチャレンジを。

山下丸・神奈川県久比里夫婦橋

2016年4月8日

3_01.jpg
CAPTAINS REPORT

神奈川県久比里夫婦橋・山下丸「元祖カワハギ・エリアは暖冬で低活性期ながら20匹台突破も!」

餌盗り上手ゆえに昔から競技性が高く、近年はハイクオリティな道具の開発でさらに人気が高まっているカワハギ。特に『山下丸』のある横須賀市・久比里の夫婦橋界隈は、カワハギ釣りの発祥地とも言われるだけに、一年中乗合船を出しているほどだ。それでもやはり、四季に合わせて釣果にムラができ、一番釣れない時期とされているのが実は今頃。しかし、今季は暖冬の影響で、深場にいながらも活性は上々。そこでカワハギ船担当のベテラン坂本司郎船長を直撃。

山下丸・神奈川県久比里港

2015年6月15日

03_main.jpg

東京湾・久里浜沖の良型カサゴ、浅場で絶好調!

6月に入り、各地で入梅の便りが聞こえ、関東も梅雨入りした。この季節にベストシーズンを迎えるのが、東京湾・久里浜沖のカサゴ釣りだ。アタリが続けば雨も暑さも気にならない。入梅直前の6月7日、神奈川県・久比里『山下丸』の乗合船に乗った。

山下丸・神奈川県久比里

2014年10月15日

03_main.jpg

東京湾口・剣崎沖のキモパンカワハギ。シーズン到来!

残暑も収まり、カワハギ釣りには絶好の季節がやって来た。産卵後、体力が回復したカワハギは貪欲に餌を追い、海水温の低下と共に群れも固まり、好ポイントに入ればバタバタ釣れる。一体何処に居たのかと不思議に思う程だ。釣り方は、タタキ、這わせ、誘い等々、持てるテクニックをフルに駆使し、ハリに掛けた時には胸が躍る。そして、カワハギと言えば胆。秋から冬は胆も膨らみ美味しさも倍増する。18号台風通過後の9日(木)、カワハギ釣りの聖地、神奈川県・久比里港『山下丸』へ出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2014年3月15日

03_main.jpg

春はカサゴの季節!東京湾・久里浜沖で一時は入れ喰い!

海の春は根魚の訪れと共にやってくる。メバルと共に根魚の代表格とも言えるカサゴ。このカサゴ釣りが始まると、釣り人は春の訪れを感じる。ポピュラーで手軽に楽しめ、食べて美味しい魚だ。このカサゴ釣りを神奈川県・久里浜久比里の『山下丸』で開始したと聞き、10日に様子を見に出掛けた。北風の強い寒い一日だったが、一時は入れ喰いタイムもあり、本番間近を感じた。前日にはトップで43尾、出船初日には50尾の釣果も記録されている。

山下丸・神奈川県久比里

2013年7月1日

04_main.jpg

家族サービスに最適!神奈川県・久里浜沖のアジ

手前味噌で恐縮だが「釣りは良い趣味(道楽?)」だと思う。何より「家族や友人に喜ばれる」のがいい。美味しいお魚が食べられれば、誰だって嬉しい。しかもスーパーで売られているのとは鮮度が違う。「そろそろ家族サービスをしなけりゃ」と釣果が安定している釣り物を検索する。探し当てたのが神奈川県・久比里(くびり)『山下丸』のアジ船だ。6月25日(火)に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里港

2013年1月1日

03_main.jpg

正月の“赤い魚”は神奈川・久比里の“大アマダイ”に決まり!

師走、“納竿め”に選びたい釣り物は、やはり正月用の“赤い魚”である。そんな中、東京湾口・神奈川県側でアマダイが好調に釣れている。特筆すべきは50cmオーバーの超大型が毎日の様に釣れている事だ。そんな“大アマダイ”が1尾でも釣れれば正月用の姿造りはバッチリだ!、神奈川県・久里浜の平作川に架かる夫婦橋の脇『山下丸』に出掛けた。

山下丸・神奈川県久比里

2012年6月1日

04_main.jpg

ビギナーからベテランまで大満足!
東京湾・シロギス絶好調!!

「シロギスがとっても良く釣れていますよ。是非どうぞ!」。神奈川県、久比里『山下丸』の山下優佳女将に電話をすると景気の良い返事が返って来た。5月7日から今シーズンのシロギス船を始めたが、初日の成績は30-97尾、その後も50-68尾、63-94尾と絶好調。しかも釣り場は下浦沖や鴨居沖などの超近場との事。これはもう行くしかないでしょう!!

山下丸・神奈川県久比里港

2011年10月1日

04_main.jpg

初秋の東京湾・餌取り名人“カワハギ”攻略法!

“餌取り名人”の異名を取るカワハギ。おちょぼ口で愛嬌ある顔からは想像も出来ない技を持つ“海の忍者”だ。そんなカワハギと釣り人との知恵比べにどっぷりと嵌ってしまう釣り人も多い。「カハワギ釣りの聖地」として知られる神奈川県・久比里、老舗船宿の1軒『山下丸』では周年カハワギの乗合船を出している。今回は東京湾の浅場を釣る初秋の釣り方を教わって来た。

山下丸・神奈川県久比里

2011年2月1日

03_main.jpg

若者にも大人気!船・エギングのイカ釣り!

神奈川県・久比里と言えば、“カワハギの聖地”として知られた所。しかし、カワハギシーズン真っ只中のこの時期でも、カワハギ以外に人気を集めている乗合船がある。近年、若者を中心に支持を得ている船・エギングである。久比里の老舗船宿の1軒『山下丸』の船に乗った。