『たいぞう丸・葉山あぶずり港』記事一覧

『たいぞう丸・葉山あぶずり港』記事一覧

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2020年12月1日

04_main.jpg

神奈川県・葉山~城ヶ島沖のアマダイ、大型交じりで数も好調!!

毎年、この時期はアマダイがよく釣れる印象がある。50cm前後の大型の釣果が目立ってくるのも今頃だ。そこで、神奈川県・葉山あぶずり港の“大アマ”の釣果に定評のある『たいぞう丸』に今シーズンの様子を確かめに出掛けた。

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2019年9月1日

03_main.jpg

出た!40kg超!神奈川県・相模湾キハダ&本ガツオ、俄然沸騰中!

朝夕は随分と涼しくなって来た今日この頃。相模湾の海上では依然としてキハダマグロ&本ガツオ・フィーバーが冷めやらぬ。秋の訪れと共に型も良くなり、数も期待できるとの噂を聞き付け、神奈川県・葉山あぶずり港『たいぞう丸』へ出掛けた。

たいぞう丸・葉山あぶずり港

2018年12月1日

04_main.jpg

相模湾・葉山あぶずり港発のアマダイ絶好調!!

いよいよ師走。この季節になると俄に盛り上がって来るのがアマダイ釣り。大型が狙えるシーズンに入った相模湾でも好成績が上がっている。釣れる“ゲスト”に高級魚も多く、何処のエリアも休日は満員の人気振り。今回は、神奈川県・葉山あぶずり港『たいぞう丸』から出船した。

たいぞう丸・神奈川県葉山町あぶずり港

2018年8月15日

04_main.jpg

相模湾の本ガツオ、船上で乱舞!!

相模湾でワカシが釣れ出し「土用の丑の日」が過ぎると、海は秋のモードに突入だ。そう待ちに待った本ガツオ&キハダの季節だ。イワシの食わせ釣りから始まり、8月に入るとコマセ釣りも解禁。「食わせで釣れている」の情報から、「コマセは?」と3日、葉山町あぶずり港『たいぞう丸』に出掛けた。

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2018年5月15日

05_main.jpg

相模湾・葉山沖、人気のマルイカ、“Xデー”は?

相模湾のマルイカ(ケンサキイカ)は、例年2月頃、水深100m前後の深場からスタートして6、7月には水深30~40mの浅場で最盛期を迎える。本格シーズンを前に、いつ盛り上がりを見せるのか?期待を胸に達人達が集う神奈川県・葉山あぶずり港『たいぞう丸』に出掛けた。

たいぞう丸・神奈川県葉山鐙摺港

2017年8月15日

04_main.jpg

神奈川県・相模湾はキハダ、本ガツオで大盛況!

相模湾の夏を熱くするキハダマグロと本ガツオ。例年6月中旬頃から黒潮に乗ってやって来て10月頃までフィーバーが続く。コマセ釣りの開幕は8月1日。これに魅せられた数多くのアングラーが指折りこの日を待ちわびる。ルアー釣りはすでに6月後半から始まっており、例年以上の好釣果で活況。さてコマセ釣りはいかに?8月10日、葉山鐙摺港『たいぞう丸』に向かった。

たいぞう丸・神奈川県葉山鐙摺港

2017年3月15日

04_main.jpg

相模湾・葉山沖のマルイカ、ゼロテンションで掛ける!

年明けからボツボツと釣れ出した今シーズンのマルイカ(小型ケンサキイカ)。シーズン初期は、水深が深いものの魚群探知機には“巨大反応”が幾つも映し出されているとの情報をキャッチした。情報を頼りに神奈川県・葉山鐙摺港『たいぞう丸』を訪れた。

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2016年8月15日

04_main.jpg

興奮度MAX!! ただ今相模湾カツオ祭り開催中

8月1日、多くの釣り人が待ち焦がれていた相模湾のオキアミコマセ釣りのキハダマグロ&カツオが開幕した。解禁前は連日ルアーで好釣果が報告されていたが、コマセ釣りとなると状況はどうか? 解禁間もない8月5日、葉山あぶずり港『たいぞう丸』から出船した。

たいぞう丸・神奈川県葉山あぶずり港

2016年3月15日

04_main.jpg

神奈川県・相模湾のマルイカ開幕!“好漁年”の予感!

例年、年明けと共に釣果が聞こえてくるマルイカ。開幕当初は、どうしても釣果が不安定になるが、昨シーズンは驚くほどの好成績が記録された。今シーズン初期はどんな様子かと4日、神奈川県・葉山鐙摺港(はやまあぶずりこう)『たいぞう丸』を訪れた。