『明広丸・千葉県御宿岩和田港』記事一覧

『明広丸・千葉県御宿岩和田港』記事一覧

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2020年2月1日

03_main.jpg

千葉県・御宿沖の“寒ビラメ”、イワシ到来で最盛期!!

関東地方のヒラメ・ファンにとってイワシの群れがやって来るこの時期は特別だ。南下するイワシの群れを追って、フィッシュイーターであるヒラメもまた南下して来る。その“渡り”と呼ばれるヒラメは、“居着き”より概して大型で食味も抜群だ。千葉県・御宿岩和田港『明広丸』に出掛けた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2019年2月1日

01_main.jpg

千葉県・御宿岩和田港沖“寒ビラメ”、ノーマルタックルで大物狙い!!

冬が深まると共に期待が高まるのはヒラメの釣果。例年に無く“数”は釣れているのだが、サイズとなると「まだこれからなのか?」と言う印象の今シーズン。そんな中、4kg前後の座蒲団サイズを連日キャッチしているとの噂を聞き付け、千葉県・御宿岩和田港『明広丸』を訪ねた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2016年12月15日

03_main.jpg

千葉県・御宿沖、今が旬!浅場で狙う大型ヒラメ

この時期に旬を迎え、更に旨味を増している超高級魚・ヒラメ。そのヒラメが水深10m以下の超浅場で、しかも連日5kg越えの大型が釣れていると聞き、12月9日(金)に千葉県御宿岩和田港『明広丸』に出掛けた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2016年8月1日

03_main.jpg

船上の水掛け祭りへGO! 岩和田沖“夏イカ”開幕!!

夏は暑い。人間とはワガママなもので、いくら着込んでも冷える冬は「寒いからこの時期の釣りはちょっと…」と尻込み、毎年のように記録更新される猛暑の夏は「暑いのでこの時期の釣りはちょっと…」と腰が引ける。そんなことじゃダメだ! 四季があるのは日本のよさだ! そう思い直し、暑さを満喫すべく、飴色のモンスター“夏イカ(スルメイカ)”ゲットを目指して外房・御宿岩和田港の『明広丸』へ出掛けた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2016年2月15日

02_main.jpg

千葉県・御宿のヒラメ船、狙って釣らせる大型!

毎年10月からヒラメを狙い、翌年のゴールデンウイーク頃までのロングランで楽しませてくれるのが千葉県・御宿港『明広丸』だ。好調が続いている最中、その『明広丸』で「狙ったピンポイントで大型を釣らせてくれる」という噂を聞きつけた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2014年12月15日

01_main.jpg

千葉県・御宿沖、浅場に潜む大型ヒラメを狙う!

師走は早い。12月はすぐに終わるから、釣り納めを何処にするか考えていたら、千葉県・御宿岩和田港『明広丸』で大型ヒラメが好調に釣れているとの情報。急遽、9日の乗合船に乗った。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2014年2月15日

03_main.jpg

千葉県・御宿沖、超浅場に超大型ヒラメ!

「海底が見えるような浅場で大型のヒラメが釣れている!」との情報。この時期、イワシの群れを追いかけて大型のヒラメが浅場に入る。“大ビラメ”の自己レコード更新を狙えるチャンス!見過ごす手は無い。6日、新しい大型船を進水して間もない御宿岩和田港『明広丸』へ出掛けた。

明広丸・千葉県御宿岩和田港

2012年12月15日

02_main.jpg

千葉県・外房、御宿沖の超浅場で大型ヒラメ高活性!!

ヒラメを底で食わせ、巻き上げてくる途中に魚が代わった?突然、青物のように走り出してリールから道糸が引きずり出されていく!「何だこれは!?!ん???…ヒラメじゃなかったのか…?」根のカケ下がりをステルス戦闘機のように底に向かって勢いよく急降下して行った。千葉県・外房、御宿港の『明広丸』から「イワシの群れが接岸、浅場で大型のヒラメが釣れ出した!!」との知らせ。12月12日、オフショアマガジン取材班は、冬晴れの御宿沖に急行、緊急取材した。