尼崎市立魚つり公園

VODバナー
  • 2020年8月31日(月)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 2匹 37~38 cm
サッパ 10~50 匹 合計 500匹 13~18 cm
サバ 合計 150匹 12~19 cm
【水温】29.2℃
1今日もサビキ釣りではサッパがよく釣れています。サビキで釣れる魚は水面直下で釣れるときもあれば、中層や底付近で釣れるときもあります。しばらくやって釣れなくなったときには同じタナでやり続けずに、色々と深さを変えてみて魚の泳いでいる層を探ってくださいね。しかし今年はアジが不調ですね…いったいどこいったんでしょう?フカセ釣りでは38cmまでのチヌが2匹釣れていました。オキアミではサバが掛かるのででコーンで釣られていました。タナは4ヒロと深めです。
  • 2020年8月30日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 5匹 32~43 cm
サバ 10~35 匹 合計 1,000匹 13~25 cm
サッパ 10~25 匹 合計 450匹 12~18 cm
イワシ 合計 50匹 7~12 cm
コノシロ 合計 4匹 25~28 cm
【水温】29.8℃
1今日もサバ・サッパが開園から好調に釣れ続いています。タナは3m前後、号数は適当で大丈夫ですが口の小さいサッパは3号程度の小さめの針の方が掛かりが良いです。アミエビは頻繁に詰めるようにしておけば、そこそこ数は釣れると思います。サヨリが見える範囲には沢山いますが、中々挿しエサには喰い付いてくれないようです。オキアミで釣れない時にはイソメやアミエビ等も試してみてください。近くのサヨリが駄目でも遠目のサヨリは喰いが立っているなんてこともあります。フカセ釣り好調です。オキアミをエサに2ヒロ以内の浅いタナでチヌが釣れています。ボラ・サバが邪魔をする場合はコーンでも良いですね。
  • 2020年8月29日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 3匹 23~38 cm
サバ 5~25 匹 合計 600匹 13~25 cm
サッパ 0~20 匹 合計 450匹 12~18 cm
コノシロ 合計 3匹 28~30 cm
【水温】28.4℃
1最近はアジの回遊が今ひとつですが、代わりにサバ・サッパが良く釣れてくれています。水面から3~4m位にアミカゴが沈むようにすれば、サッパかサバのどちらかの魚が掛かってくれますね。ただサバは特別傷みやすい魚で「サバの生き腐れ」という言葉があるくらい、海から釣り上げた瞬間から傷みが始まる魚です。サバを持ち帰るのであれば、釣りを始める前からクーラーボックスに氷と海水を入れた氷水を作っておき、そこに釣れたらサバをすぐに放り込むようにして鮮度良い状態で持ち帰ってくださいね。
  • 2020年8月28日(金)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 スズキ 合計 1匹 60 cm 外向き西側
サヨリ 合計 60匹 18~20 cm
サバ 合計 60匹 13~18 cm
サッパ 合計 350匹 12~18 cm
【水温】28.3℃
1サビキ釣りでは今日もサバとサッパが絶好調。たまに釣れない時間もありますが、我慢してしばらくエサを撒いていればまたすぐに回遊してきて釣れ出します。そんなよく釣れているサッパをエサに60cmのスズキが釣れていました。アジ・イワシが回遊してこなければスズキも回遊しているサッパ・サバを食べます。ただどちらの魚もあまり深く潜ってくれないのが欠点ですが。またサビキに飽きた人にはサヨリ釣りがお勧め。サイズは小さいですがウキのアタリに合わせて釣る楽しさがありますしレンタル竿でも専用の仕掛けを付ければサヨリ釣りを楽しめますのでチャレンジしてみたい方は売店で聞いてみてくださいね。
  • 2020年8月27日(木)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 サヨリ 合計 20匹 15~20 cm
サッパ 5~30 匹 合計 600匹 15~16 cm
サバ 合計 250匹 18~28 cm
【水温】27.7℃
1昨日に続きサビキ釣りではサッパ・サバが開園から釣れ続いています…。というか今日はサッパ・サバ以外には釣れていないですね。どちらの魚もアジが釣れているときは主役の座を奪われてしまいがちですが、ちゃんと氷締めして持ち帰ればとても美味しい魚です。釣れたときには調理して今晩の一品に加えてみてくださいね。
  • 2020年8月26日(水)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 1匹 39 cm 外向き西側
グレ 合計 2匹 25~30 cm
ガシラ 合計 1匹 18 cm
サバ 合計 100匹 20~23 cm
サッパ 合計 200匹 13~16 cm
コノシロ 合計 1匹 20 cm
【水温】28.8℃
1午前中はあまり釣果がよくなかったサビキ釣りでしたが午後からはサッパとサバが水面から3mまでの浅いタナを泳いでいました。アミカゴに撒きエサのアミエビを頻繁に詰めて魚を足元にとどめておくようにすれば長い時間釣れ続けていました。グレがよく釣れています。例年なら30cmぐらいのグレは年に数匹釣れる程度ですが今年は6~8月の3ヶ月で既に120匹を超えています。グレは柱付近に付いていますので、青イソメかシラサエビを使って2~3ヒロのタナを狙ってみてください。
  • 2020年8月24日(月)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 スズキ 合計 1匹 67 cm
サバ 合計 150匹 15~23 cm
サッパ 5~15 匹 合計 300匹 13~18 cm
カタクチイワシ 合計 100匹 5~14 cm
【水温】28.8℃
1今日のサビキ釣りでは浅いタナでサッパがよく釣れています。基本的に浅いタナを泳ぐ魚ですが水面直下を泳ぐことも多いので、その時にはサビキ仕掛けに食い付いてくる様子が見えることもありますよ。そんなサッパをエサにして今日は67cmのスズキが釣れていました。狙って掛けたスズキです。掛けてからは魚とのやり取り存分に堪能されている様子でした。
  • 2020年8月23日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 2匹 35~38 cm
サバ 合計 100匹 15~23 cm
サッパ 合計 200匹 12~18 cm
カタクチイワシ 合計 500匹 5~14 cm
コノシロ 合計 4匹 23~28 cm
【水温】27.8℃
1日曜日とあって多くのご家族連れが御来園されています。ただ、ここ数日はサビキ釣りの多くの人は釣果がパッとしません。中には1匹も釣れなかったという人もいました。しかしクーラーボックスに20匹以上のサバやサッパ・コノシロが入っているお客様もいます。仕掛け、場所、タナ、時間、色々条件が重なって釣果に差が出てきます。情報は重要です。少しでも釣果を上げるためにも釣り場スタッフには遠慮なく聞きたいことを聞いてくださいね!
  • 2020年8月22日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 2匹 38~40 cm
グレ 合計 1匹 29 cm
コノシロ 合計 4匹 23~28 cm
サバ 合計 200匹 15~23 cm
サッパ 合計 150匹 15~18 cm
カタクチイワシ 合計 100匹 5~14 cm
【水温】28.5℃
1フカセ釣りでは昨日、今日と釣果が出ていますね。エサは基本オキアミですがボラの猛攻に備えコーンも用意しておいた方がいいかも。サビキ釣りの人にとって今日はとても厳しい釣果となっています。頻繁にアミエビを撒いているような人でもめぼしい釣果は出ておらずなので、今日は場所や仕掛けうんぬんではなく魚の回遊自体が少なかった感じですね。
  • 2020年8月21日(金)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 チヌ 合計 2匹 25~28 cm 外向き中央
サバ 15~25 匹 合計 400匹 15~23 cm
サッパ 10~20 匹 合計 430匹 15~18 cm
カタクチイワシ 20~60 匹 合計 850匹 5~14 cm
アジ 合計 20匹 8~13 cm
ガシラ 合計 1匹 18 cm
【水温】28.7℃
1朝イチからお越しのお客様、近頃は暑いせいか結構早い時間に釣りを終えて帰られています。暑さでのぼせそうになったときにはクーラーを効かせた管理棟に体を休めにきてくださいね。サビキ釣りでは今日もカタクチイワシが釣れていました。沖ではウルメイワシが釣れているようなのでこちらにも回遊してくるかもしれませんね。落とし込み釣りではカニをエサにアタリが結構多くあったみたいです。昨日の閉園後に釣り場を巡回していて海面を照らしてみるとサヨリの姿を多く見かけたのでそこそこの数は入ってきているみたいですよ。